• TOP
  • 国内
  • 好調な雅子さま 16年ぶり那須御用邸静養中の取材対応も

国内

2018.08.30 16:00  女性セブン

好調な雅子さま 16年ぶり那須御用邸静養中の取材対応も

今夏、16年ぶりに三井浜で取材を受けられるご一家(撮影/JMPA)


 御用邸に隣接する三井浜を揃って散歩された際にも、やはり記者団の質問に答えられた。愛子さまが貝殻を拾うと、皇太子さまが「これはムラサキガイです」と教えられるシーンもあった。

「ご夫妻にとって、須崎御用邸での静養中の取材対応は実に16年ぶりです。前回は両陛下や秋篠宮ご一家もご一緒だったので、皇太子ご一家単独としては前例のないことでした。

 来年、皇太子さまが即位されると、雅子さまは皇后に、愛子さまは天皇の娘になり、立場が大きく変わります。その前に、国民に向けて家族の雰囲気が伝わる機会を設けたいという意向があったのでしょう。それも、雅子さまの体調がすこぶる安定しているからできたことだと思います」(別の宮内庁関係者)

 雅子さまの最近の快復ぶりはめざましいと、関係者が続ける。

「ご一家がどういう印象を受けるのかにまで、気を配られています。たとえば、須崎の三井浜では、皇太子さまがブルーのシャツ、雅子さまがネイビーのカーディガン、愛子さまがブルーのチェックのワンピースと、青系で統一してお召し物を選ばれた。それは雅子さまのご提案だったそうです」

 その他にも、この夏の雅子さまの好調ぶりを挙げればきりがない。公務を頻繁にこなされたこと、両陛下に会うために1か月も間を空けずに参内されたこと…。

「雅子さまは地方行啓にもすべて出向かれたいお気持ちを持つほど、調子は上向いてきています。しかし、周囲で支える者からすると、いつ体調の波が来ないかと、慎重になる部分もある。“あまりご無理をなさらずに”と周囲が“待った”をかけることもあるといいます」(皇室ジャーナリスト)

※女性セブン2018年9月13日号

関連記事

トピックス