国内

悠仁さま、槍ヶ岳登山の波紋と紀子さまの教育成果アピール

東京駅のホームから新幹線に乗り込まれる紀子さまと悠仁さま(5月下旬)

 9月6日、秋篠宮家の長男・悠仁さまが12才の誕生日を迎えられた。現在、お茶の水女子大学附属小学校の6年生で、来年4月には中学生だ。

 悠仁さまは小学校最後の夏休みを、忙しく過ごされた。7月30日には戦傷病者史料館「しょうけい館」(東京都千代田区)をご両親とともに見学されたのを皮切りに、8月2日から4日までは、槍ヶ岳(長野県)登山のため、紀子さまと北アルプスを訪れた。8月8日には新宿区で行われた「『沖縄地上戦と女子学生』語り継ぐ集い式典」に出席され、その2日後の10日には、広島を訪問し、やはり紀子さまとともに、平和記念公園で礼拝をされた。さらに、19日から20日には河口湖を紀子さまと訪れている。

 振り返ると、都内の行事以外はすべて紀子さまだけが付き添っていることがわかる。

「そうした夏休みの計画はすべて紀子さまが主導して実行されているそうです。戦争関連の訪問が目立つのも、今から見識を深めるべきだという紀子さまのご意向でしょう」(皇室ジャーナリスト)

 大きな波紋を呼んだのが、槍ヶ岳での登山だった。槍ヶ岳は登山愛好家の中で屈指の人気を誇る名峰だが、“穂先”と呼ばれる山頂付近は非常に急峻で、まさに断崖絶壁。鎖を頼りに、カタカタと揺れる鉄ばしごをよじ登らなければならない。もちろん、手が離れれば命の保証はない。

「小学6年生の体力があれば登れないことはありません。ただ、充分に周囲がサポートしたとしても、大切なお体である悠仁さまが挑戦しなければならないことなのか」(宮内庁関係者)

◆帝王学にふさわしいものか…

 現在の皇族で「登山」といえば、皇太子さまの代名詞だ。

「皇太子さまは日本山岳会の会員で、日本百名山の半数近くを登られた経験があるという、かなりの健脚です。この8月末から東京都美術館で開催されている日本山岳写真協会展にも皇太子さまの作品が飾られています。来年、即位されてからはご多忙で登山どころではないでしょうから、これが最後の出展となるでしょう」(皇室記者)

 それほど山を愛する皇太子さまだが、今夏、悠仁さまが登られた槍ヶ岳は未踏だという。

「もちろん皇太子さまの登山経験と技術があれば、槍ヶ岳は簡単に登攀できます。しかし、皇太子さまはかつて周囲に“槍ヶ岳は細い道が多く、自分が登ると警備の都合上、他の登山客を待たせたり、危険な目に遭わせるかもしれないので、私は登りません”とおっしゃっていたそうです」(前出・宮内庁関係者)

 皇太子さまのその心配は、はからずも的中した。8月上旬という登山のハイシーズン、悠仁さまと紀子さまを含む20名ほどの“登山隊”が動くことで、細い山道で他の登山客は当然、足止めされた。

関連記事

トピックス

羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
《家族と歩んだ優しき元横綱》曙太郎さん、人生最大の転機は格闘家転身ではなく、結婚だった 今際の言葉は妻への「アイラブユー」
女性セブン
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。  きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
年商25億円の宮崎麗果さん。1台のパソコンからスタート。 きっかけはシングルマザーになって「この子達を食べさせなくちゃ」
NEWSポストセブン
シリアスな役あkら、激しいアクションまで幅広くこなす北村
北村匠海、朝ドラ『あんぱん』で“やなせたかしさん役”として出演か 主演の今田美桜とは映画『東リベ』で共演し強い絆
女性セブン
今年の1月に50歳を迎えた高橋由美子
《高橋由美子が“抱えられて大泥酔”した歌舞伎町の夜》元正統派アイドルがしなだれ「はしご酒場放浪11時間」介抱する男
NEWSポストセブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
「礼を尽くさないと」いなば食品の社長は入社辞退者に“謝罪行脚”、担当者が明かした「怪文書リリース」が生まれた背景
NEWSポストセブン
STAP細胞騒動から10年
【全文公開】STAP細胞騒動の小保方晴子さん、昨年ひそかに結婚していた お相手は同い年の「最大の理解者」
女性セブン
入社辞退者が続出しているいなば食品(HPより)
いなば食品、入社辞退者が憤る内定後の『一般職採用です』告知「ボロ家」よりも許せなかったこと「待遇わからず」「想定していた働き方と全然違う」
NEWSポストセブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
逮捕された十枝内容疑者
《青森県七戸町で死体遺棄》愛車は「赤いチェイサー」逮捕の運送会社代表、親戚で愛人関係にある女性らと元従業員を……近隣住民が感じた「殺意」
NEWSポストセブン
ムキムキボディを披露した藤澤五月(Xより)
《ムキムキ筋肉美に思わぬ誤算》グラビア依頼殺到のロコ・ソラーレ藤澤五月選手「すべてお断り」の決断背景
NEWSポストセブン
大谷翔平を待ち受ける試練(Getty Images)
【全文公開】大谷翔平、ハワイで計画する25億円リゾート別荘は“規格外” 不動産売買を目的とした会社「デコピン社」の役員欄には真美子さんの名前なし
女性セブン