• TOP
  • 芸能
  • 『下町ロケット』 阿部寛が演じる熱血社長の撮影現場

芸能

2018.10.21 07:00  週刊ポスト

『下町ロケット』 阿部寛が演じる熱血社長の撮影現場

10月14日に第1回が放送された

 10月14日、池井戸潤原作で阿部寛主演の日曜劇場『下町ロケット』(TBS系、21時より放送)が新たなスタートを切った。

 2015年に放送された前作は平均視聴率18.6%を記録し、同年民放ドラマの視聴率トップを飾った。阿部が演じる佃航平は、宇宙科学開発機構の研究員としてロケットエンジンの開発に携わっていたが、打ち上げ失敗の責任をとる形で退職。父が残した小さな町工場「佃製作所」を継いで、度重なる困難に直面しながらも夢に向かって挑戦し続けるストーリーだ。

関連記事

トピックス