• TOP
  • 国内
  • 冷笑系、DD論者… ネットで「現実主義者」が揶揄される理由

国内

2018.10.30 16:00  NEWSポストセブン

冷笑系、DD論者… ネットで「現実主義者」が揶揄される理由

中川:私はしばき隊(レイシストをしばき隊)のことを5年間ずっとウォッチし続けてきたんですけど、相当な人数が離脱していってますね。コアメンバーはずっと一緒ですが、批判側に転向する人は案外冷静な分析をしていたりする。コアメンバーが数名いて、絶対に裏切らない人たちがいるほか、彼らに尻尾を振る鉄砲玉みたいな連中もいる。でも、この鉄砲玉連中はまったく相手にしてもらえず、少し可哀想です。先日、彼らの別働隊の元メンバーの男性が亡くなったのですが、彼が亡くなった途端、女にだらしなかったと叩き始める人が出てきて、「セクハラは確かにマズいけど、お前さー、元の仲間にそれはないだろ? 生きている内にちゃんと注意しておけよ。死体蹴りしてるんじゃねぇよ」っていう右翼が今度は出てきてしまいます。離脱があまりに多いし、内ゲバが多いなって思っちゃうんですよね。

橘:それは革命の論理で、連合赤軍と一緒ですね。結局、人間なんて何千年、何万年と同じことを繰り返しているだけで、いまも難しそうなロジックを振りかざしてはいるものの、原始時代の部族闘争をやってるんだと思います。自由な社会はそういう人たちも許容しなければならないんですが、自分の半径10メートル以内には近寄ってきてほしくない、という感じですね。(続く)

◆橘玲(たちばな・あきら):作家。1959年生まれ。2002年、国際金融小説『マネーロンダリング』でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』『言ってはいけない 残酷すぎる真実』『(日本人)』『80’s』など著書多数。

◆中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):ネットニュース編集者。1973年生まれ。『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』『夢、死ね! 若者を殺す「自己実現」という嘘』『縁の切り方 絆と孤独を考える』など著書多数。

関連記事

トピックス