国内

最新国内記事のRSS

ご結婚後も公務を担う眞子さまと「小室圭さんに関する懸念」

2018.11.02 07:00

《IMTの2階に、ウシ解剖模型がある。紙製のそれはホルスタイン牛を象った縮小模型であり、背中を開くと

《IMTの2階に、ウシ解剖模型がある。紙製のそれはホルスタイン牛を象った縮小模型であり、背中を開くと、取り外し可能な臓器の模型が収められている。左半身の筋肉はむき出しで、教室にある人体模型を思い起こさせる。》

 東京駅の丸の内南口を出てすぐのところに、70年以上の歴史を持つ旧東京中央郵便局の外観を残した、趣のある高層ビルがある。その2、3階に位置するのが、学術文化総合ミュージアム「インターメディアテク(IMT)」だ。東京大学が所蔵する学術標本などが展示されている。

 そのIMTの公式HP内の「研究者コラム」に、《秋篠宮眞子(東京大学総合研究博物館特任研究員)》の記名とともに、冒頭の文章が綴られている。

 タイトルは《「山越」のウシ解剖模型》。別の展示物である「キノコ模型」と同じく「山越」という製作所が作ったのではないかと、綿密に分析していく一篇だ。

「眞子さまは週に3回程度、非常勤でIMTに勤務されています。細かいことに気がつかれ、徹底的に探究される眞子さまらしいコラムです。眞子さまは、公務や訪問地の下調べも丹念に奥深くされることで知られ、お言葉もご自身で推敲を重ねられます」(宮内庁関係者)

 コラムの更新は10月25日付。眞子さまの27才の誕生日の翌々日のことだ。

「誕生日のお祝いに小室圭さん(27才)が帰国するのではないか」
「結婚の行方について話し合い、何かしらの結論が出されるのではないか」

 そんな周囲の関心を脇目に、眞子さまは淡々と仕事に向かわれているように見える。

「“生真面目”と言っていいほど、物事を深く突き詰める眞子さまゆえに、小室さんのこともかたくなになられている節があります。ただ、誕生日に皇居・御所にて両陛下からかけられた言葉は、重く受け止められているようです」(前出・宮内庁関係者)

◆ご結婚後も公務の一端を担う存在

 10月29日、高円宮家の三女・絢子さま(28才)が、会社員の守谷慧(32才)さんと結婚し、皇室を離れられた。結婚式は明治神宮(東京・渋谷区)で執り行われ、晩餐会は翌30日、ホテルニューオータニ(千代田区)で開催された。今後は守谷絢子さんとして暮らすことになる。

 絢子さんは、眞子さまの1学年上で学習院女子高等科の同窓だ。同じスキー部に所属された先輩・後輩で、合宿にも一緒に参加されていた。

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP