国内

最新国内記事のRSS

高千穂6人殺害事件 飯干家と松岡家に存在した“ある接点”

2018.12.02 16:00

「飯干(昌大、42)さん夫婦の“知人”だった松岡史晃さん(44)が巻き込まれたと報じられましたが、昌

「飯干(昌大、42)さん夫婦の“知人”だった松岡史晃さん(44)が巻き込まれたと報じられましたが、昌大さんと松岡さんに接点はなかったはず。それより……」(昌大さんの知人)

 九州山地の中央部にある人口1万2000人ほどの宮崎県高千穂町で11月26日、7人の遺体が発見された。

 住宅の敷地内で、昌大さんの父・保生さん(72)、母・実穂子さん(66)、妻の美紀子さん(41)、長男で建設会社従業員の拓海さん(21)、長女の唯さん(7)、そして昌大さんの「知人」の松岡さんの6人の遺体が見つかった。さらに約3キロ離れた神都高千穂大橋の下の川で、昌大さんの遺体が発見された。

「遺体の状況から、美紀子さんと唯さんは絞殺とみられ、男性たちはナタなどで切り付けられたとみられています。唯一、屋外で発見された実穂子さんの遺体には激しい損傷があった。川で見つかった昌大さんは、飛び降り自殺の可能性が高く、6人の死亡に関わった可能性があるとして、県警が調べています。一方、知人の松岡さんは、昌大さんの不倫トラブルによる夫婦喧嘩の仲裁に訪れて巻き込まれたとされており、こちらの詳しい経緯についてもこれから調べが進みます」(社会部記者)

 昌大さんの勤務先の社長は、涙ぐみながらこう話す。

「会社の慰安旅行に、飯干(昌大)さんは妻の美紀子さんと唯ちゃんと親子3人で参加していたんです。移動する時には夫婦で唯ちゃんを間に挟んで手をつないで楽しそうに歩いていた。25日の15時半に戻ってきて解散するときも“じゃあ、明日”と何ら変わりなく別れたんです。それがなぜ、あんなことになるのか」

本文を読む

マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP