• TOP
  • スポーツ
  • 巨人、内海・長野の流出で松井秀喜監督就任がさらに遠のくか

スポーツ

2019.01.14 16:00  NEWSポストセブン

巨人、内海・長野の流出で松井秀喜監督就任がさらに遠のくか

昨年の日米野球では原辰徳監督と松井秀喜氏が談笑する姿も見られたが(写真:時事通信フォト)

 巨人はFAで広島から丸佳浩、西武から炭谷銀仁朗を獲得した代償として、人的補償で広島に長野久義、西武に内海哲也という幾度となくチームを救ってきた2人を流出させることになった。

 昨年10月23日の原辰徳監督の就任会見では、山口寿一オーナーが「チームに関しては監督に全てをお任せする。編成の方針に関しても監督の意向を完全に尊重しようと思う」と発言。原監督は選手獲得にも当然関わっていたはずで、28名のプロテクトリストの中に生え抜きのベテランを入れなかったことを疑問視する声も上がっている。野球担当記者が話す。

「チーム史上ワーストタイの4年連続V逸をしているため、何が何でも優勝したいという意向はわかりますが、あまりにも生え抜き選手を蔑ろにしていると批判されても仕方ない。仮に優勝しても、ファンがどこまで喜べるのか。120%巨人を好きな人であれば何をしても勝てばいいのかもしれませんが、かねてより球団の姿勢に疑問を持っているファンも沢山いる。これを機にファン離れが進んでもおかしくない」(以下同)

 原監督は今季、ヘッドコーチを置いていない。還暦を迎えた原監督には優勝とともに、次期監督を育てることも求められており、来季ヘッドのポジションに付く人物が後釜になると予想されている。

「気の早い話ですが、高橋由伸前監督が1年で復帰するとは考えづらいですし、今年3月で40歳を迎える阿部慎之助が据えられる可能性もある。でも、ファンが一番望んでいるのは、松井秀喜氏の巨人復帰でしょう」

コメント 1

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス