国内

平成21年プレイバック 民主党圧勝、WBC連覇、「草食男子」

サムライジャパンがWBCで連覇(時事通信フォト)

 平成の時代もいよいよ残りわずかとなった。平成とは、一体どんな年だったのか? 平成21年(2009年)を振り返ってみよう。

 衆院選で民主党が圧勝。鳩山民主党政権が誕生したこの年は、新型インフルエンザが世界中で猛威を振るった。世界保健機関(WHO)は6月、警戒水準をフェーズ6に引き上げ世界的大流行を宣言。12月には死者数約1万人に。国内でも感染は急増し、翌年2月中旬までの国内死者数は190人を超えた。

 8月、東京地裁を皮切りに全国で裁判員制度が開始。初の裁判員裁判は無職の男が女性を刺殺した事件。抽選で選出された裁判員は女性5人、男性1人。裁判3日目に女性裁判員が体調不良のため、男性裁判員が1人補充され、裁判4日目に懲役15年の刑が言い渡された。

 スポーツでは原辰徳監督率いるサムライジャパンがWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)第2回大会決勝で、韓国と対戦。5-3で優勝連覇。イチロー、ダルビッシュ有、田中将大らが活躍。

 大相撲では白鵬が年間86勝の新記録を打ち立て、4度目の全勝優勝。ボクシングでは、亀田興毅が2階級制覇。

 6月、世界的スーパースター、マイケル・ジャクソンの突然の訃報。翌月にはロンドン公演も控えていただけに、多くのファンが耳を疑った。“キング・オブ・ポップ”と称されたマイケルの自宅前には大勢のファンが追悼に集まった。

 芸能界でお騒がせニュースとなったのは、酒井法子の逮捕劇。現在、酒井はディナーショー等で活躍。昨年7月には「子ども健全育成大使」に就任。

 またこの年、本木雅弘が納棺師役を熱演した映画『おくりびと』が第81回米アカデミー賞・外国語映画賞を受賞。

 ベストセラーでは村上春樹の『1Q84』。ヒット商品には燃費のよい『プリウス』(トヨタ自動車)、スイーツでは『堂島ロール』(モンシェール)が女性たちに大人気。この年の流行語は「政権交代」「こども店長」「草食男子」など。

■平成21年の主な出来事
1月20日 米・バラク・オバマ大統領が就任
3月24日 原辰徳監督率サムライジャパンがワールド・ベースボール・クラシックで連覇
3月28日 ETC搭載車対象の地方高速休日1000円乗り放題に
4月5日 北朝鮮がミサイル発射実験。2段目が日本上空を通過し太平洋上に落下
5月2日 忌野清志郎が死去(享年58)
6月7日 ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで全盲の辻井伸行が優勝
6月11日 WHOが新型インフルエンザのパンデミック宣言
6月25日 マイケル・ジャクソンが急死(享年50)
8月3日 裁判員裁判が東京地裁で開廷
8月3日 大原麗子が死去(享年62)
8月16日 ジャマイカのウサイン・ボルトがベルリンで開催の世界陸上男子100m決勝で世界新記録をマークして優勝
8月30日 衆議院で民主党が308議席を獲得し、自民党に圧勝
11月10日 千葉市川市での英国人女性死体遺棄の容疑で指名手配中の市橋達也を逮捕
11月11日 行政刷新会議の事業仕分けがスタート

※女性セブン2019年2月7日号

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン