• TOP
  • 芸能
  • 藤岡弘、が選ぶ印象的な「平成仮面ライダー」は誰?

芸能

2019.02.10 07:00  女性セブン

藤岡弘、が選ぶ印象的な「平成仮面ライダー」は誰?

2007年に放送された仮面ライダー電王(時事通信フォト)

第7位
菅田将暉(25才)
仮面ライダーW(2009年)

 仮面ライダー史上最年少で主演の座を射止めた菅田。15才にしてミステリアスな美少年・フィリップを堂々と演じきった。現在放送中のドラマ『3年A組-今から皆さんは、人質です-』(日本テレビ系)でも、ますます洗練された演技力を見せている。

第8位
瀬戸康史(30才)
仮面ライダーキバ(2008年)

 2018年にドラマ『海月姫』(フジテレビ系)で圧巻の女装を披露した瀬戸。当時からそのかわいらしさは健在で、『キバ』の放送当時は「ぼくは乙男(オトメン)第一号」と語っていた。見た目のかわいらしさとライダーとして戦うカッコよさのギャップで人気に!

第9位
高杉真宙(22才)
仮面ライダー鎧武/ガイム(2013年)

 2018年には5本、今年も現在公開中の『十二人の死にたい子どもたち』をはじめ、4本の映画に出演する高杉。『鎧武』では二面性のある“仮面ライダー龍玄”を見事に演じた。

第10位
犬飼貴丈(24才)
仮面ライダービルド(2017年)

 新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)のダメ社員役で注目を集め、今年は連続テレビ小説『なつぞら』(NHK)にも出演。人気も知名度も右肩上がり中の犬飼は、「平成仮面ライダー史上最高のIQを持つ天才物理学者」を演じた。役に入り込むあまり、撮影中は自分と役柄が混同するような感覚に陥ったとか。

◆ヒーローは死なない!

女性セブン独占! 藤岡弘、がライダー論を激白!

「女性セブンさんから『藤岡さんが選ぶ、平成仮面ライダーベスト5を教えてください』という依頼が来た時、最初は断ったんですよ。一緒に仕事をしてみないとわからないし、人に順位をつけるなんておこがましいじゃないですか。

 でも、印象的なかたを挙げるなら…細川茂樹くんと半田健人くんは非常に礼儀正しく、探究心を持った青年だった。竹内涼真さんは謙虚な若者。西銘駿くんはどんなことにも前向きに戦っていた。少なくとも、ぼくがお会いしたライダーはみなさん、可能性と強運の持ち主。お会いしていない人たちも、素晴らしい素質を持っていると思う。

 ぼくはね、今も石ノ森章太郎先生の『仮面ライダーは永遠に死なない』という言葉が心に残っています。ヒーローというのは子供たちの胸に生き続けるものですから」

※女性セブン2019年2月21日号

関連記事

トピックス