• TOP
  • 芸能
  • 朝ドラ共演・永野芽郁を泣かせた、佐藤健の感動スピーチ

芸能

2019.02.16 16:00  女性セブン

朝ドラ共演・永野芽郁を泣かせた、佐藤健の感動スピーチ

スピーチで永野芽郁を泣かせた佐藤健

 2月7日、優れた映画やテレビドラマ、スタッフらを表彰するエランドール賞の授賞式が開催された。日本映画テレビプロデューサー協会が選定する賞で、特に新人俳優を対象としたエランドール賞新人賞は、その後の活躍を約束するものだ。今年は、6人の受賞者のうち、永野芽郁(19才)、志尊淳(23才)、そして中村倫也(32才)の3人が、大ヒットしたNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の出演者。新人賞の半分をまさに青く染め上げた。

 永野が演じた鈴愛の幼なじみ・律を演じた佐藤健(29才)は不在と思われたが、永野が受賞スピーチを終えると、花束を持ってステージに佐藤が現れ、会場を沸かせた。そして、主役を奪うかのような輝きを放った。

 佐藤は司会者に促されると、静かな口調で語り出す。

《現場では永野さんに驚かされてばかりの日々でした》

 横でニヤニヤする永野に対しては「いや、笑うところじゃないから!」とツッコんで笑いを誘い、「ちょっと近いな!」と距離をとり、再びマイクの前に。朝ドラの現場は撮影量が多いこと、鈴愛はよく泣く子という設定のため、永野は一日に何度も泣いていたことを紹介する。

《だから一日に何回も泣きのシーンがあってそんな日々が毎日続く中で、彼女は必ず毎回1テイク目で最高の演技を見せてくれるんです。

 もう何食わぬ顔であまりにも簡単そうに毎回一発OKを出すものですから、次第に我々は『いや、本当にすごいね~』とか言いながら『彼女は泣ける子だから大丈夫だから』とニコニコしながらそれを当たり前のことにしてしまっていたんですけども、永野さんは弱音を吐かないだけで、苦しい顔を僕たちに見せないだけで、裏ではそのシーン一つ一つにどれだけ準備をして気持ちを高めて現場に向かい、心を削って演技をしていたのか、一番近くで見ていた同業者のひとりとして、少しは理解しているつもりです》

 永野は次第に目をうるませていく。よどみなく連なるこれらの言葉は、佐藤自身が考えたものだという。

「彼は頭もキレるし、自分の言葉を持っている人。中学の時は全教科で学年トップの成績を収めたこともあり、高校は地元の進学校に進んでいます。今回、永野さんだけでなく、会場全体が彼のスピーチに聞き惚れ、目頭を熱くさせていました」(スポーツ紙記者)

 佐藤の言葉はこう続く。

《スタッフ、キャストを代表して改めて感謝の言葉を伝えさせていただきたいと思います。『半分、青い。』はあなたの存在なくしてはありえませんでした。18才の10か月間という大変貴重な時間を、この作品に捧げてくれて、本当にありがとうございました》

 小さく頭を下げると、隣の永野はがまんならなかったのか、目元を手で拭い顔をクシャクシャにした。そんな永野をエスコートし、彼はステージを降りた。

 佐藤の存在なくしては、あの朝ドラはありえなかった。

※女性セブン2019年2月28日号

関連記事

トピックス