• TOP
  • 国内
  • 小室圭さん、7月にもNYで司法試験か 合格なら一気に結婚も

国内

2019.02.21 11:00  女性セブン

小室圭さん、7月にもNYで司法試験か 合格なら一気に結婚も

司法試験に合格すれば、縁談は一気に進む?

 寒さの底を抜ければ、もうそこまで春がやってきている。2月下旬、大学受験シーズンはいよいよ大詰め。全国の受験生は緊張感に身を震わせ、桜の入学式を夢見ながら、机に向かっている。

 さて、同じく寒さの厳しい米ニューヨーク。ここでも、蛍雪の日々の最後の仕上げに臨んでいる人たちがいた。

「NY州の司法試験は年に2回、2月と7月の最後の火曜日・水曜日に、2日間かけて行われます。2月は26、27日ですから、受験生はまさに今、追い込みの勉強にいそしんでいることでしょう」(在米ジャーナリスト)

 NY州弁護士といえば、秋篠宮家の長女・眞子さまとの結婚行事が延期中の小室圭さんが目指している資格だ。小室さんは昨年8月、NYの中心街にあるフォーダム大学ロースクールに留学した。

「小室さんにはまだ受験資格はありませんが、2月末のテストを目前に控えて、目の色が変わった受験生たちを間近に見ているはずです」(皇室記者)

 小室さんが出国当時、留学期間は「3年間」と報じられた。しかし、急転直下、こんな計画が囁かれている。

「小室さんは次回の試験、つまり、今年7月の司法試験に照準を合わせているそうです。もし合格すれば、一気に縁談が進む可能性が高い」(前出・皇室記者)

 小室さんは用意周到、そして虎視眈々と、「春」をたぐり寄せようとしている──。

◆「たった10か月で受験資格」の特別待遇

 小室さんが「NY州」と「フォーダム大学」を選んだ理由が見えてきた。日本の弁護士資格を持たない小室さんがアメリカで弁護士になりたいなら、本来、3年間の「JDコース(基礎コース)」を受講し、アメリカ全州の司法試験の受験資格を得なければならなかった。

「しかし、フォーダム大学は小室さんを特別待遇し、本来ならば日本の弁護士資格取得者や法学部出身者が対象の『LLMコース(上級コース)』の受講を認めました。しかも、年間およそ700万円とされる授業料も免除された。

 それは、小室さんが“自分は天皇の孫のフィアンセである”というレポートを提出し、大学側がVIP扱いしたからとしか考えられない。さらに言えば、卒業までに3年かかるJDコースに比べ、LLMコースはたったの10か月で修了する。その上、ニューヨーク州など限定で、司法試験を受ける資格を得られるのです」(大使館関係者)

 異例の待遇を受け、今年5月にはロースクールを卒業できる小室さんは、7月30、31日に行われるNY州司法試験の受験資格を得るのだ。現地の法曹界ではこんな話まで聞こえてくる。

コメント 3

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス