• TOP
  • 芸能
  • とんねるずと田村正和の裏話、「今昔庵」マスターが明かす

芸能

2019.03.30 07:00  女性セブン

とんねるずと田村正和の裏話、「今昔庵」マスターが明かす

『今昔庵』のマスターを世に知らしめたとんねるず(共同通信社)

「役者さんが疲れて台本を抱えながら眠っちゃったり、タレントさんがお酒を飲みすぎて顔を真っ赤にしていたり…。芸能人が“素の顔”でいられる数少ない場所だったのかもしれません」

 しみじみとそう語るのは、数多の人気ドラマや映画の撮影が行われてきた東京・世田谷区の撮影スタジオ、東京メディアシティ(TMC)のなかにある喫茶店『今昔庵』の名物マスター・福田起弘さん(55才)である。

 1992年のオープン以来、バラエティー番組にも何度も取り上げられるなど、錚々たる芸能人に親しまれてきたが、2月7日に惜しまれながら閉店した。

「活動休止宣言2日後には、閉店を聞きつけた嵐の櫻井翔くん(37才)が来てくれて、“お互いに頑張ろう”という話をして、2人で記念写真を撮りました。最終日には、収録もないのにaikoさん(43才)がわざわざ来てくれたり、三谷幸喜さん(57才)が似顔絵を描いて持ってきてくれたり。他にもいろんな人が来てくれて…閉店の際にもらった手紙やお菓子が、段ボール箱4箱分になりました」(福田さん・以下同)

 広い店内を見渡すと、あちらこちらに芸能人が座ってくつろいでいる、というのも『今昔庵』でよく見かけられる風景だった。福田さんをお茶の間に知らしめたのは、とんねるずだった。

「とんねるずには番組中でもよく茶化されましたね(笑い)。貴ちゃん(石橋貴明・57才)が番組のなかで『TMCの今昔庵のケガニ』とネタにすれば、ノリちゃん(木梨憲武・57才)はぼくのモノマネをやってたり…。とんねるずもダウンタウンも、プライベートを含めて大の仲よしですね」

 田村正和(75才)から小栗旬(36才)まで、思い出は尽きない。

「『古畑任三郎』(フジテレビ系)を撮影していた時の正和さんは印象的でした。“任三郎モード”から“自分モード”に切り替わると、関西人で巨人好きの、めっちゃ面白い人になるんですよ(笑い)。旬と斗真(生田斗真・34才)に呼ばれて『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(フジテレビ系)の2次会に参加して一緒にカラオケを歌ったこともありますね」

※女性セブン2019年4月11日号

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス