• TOP
  • スポーツ
  • 巨人に松井秀喜監督待望論 ヘッドコーチの座は空いている

スポーツ

2019.05.14 16:00  NEWSポストセブン

巨人に松井秀喜監督待望論 ヘッドコーチの座は空いている

昨年、巨人対MLB選抜の試合で原監督(左)らと談笑する松井秀喜氏(=右。写真:時事通信フォト)

 5月10日の『news zero』(日本テレビ系)で、昨年まで読売ジャイアンツの監督を務めていた高橋由伸氏がニューヨークを訪れ、ヤンキースタジアムで松井秀喜氏と対談した模様が放送された。

 高橋氏が巨人に入団した1998年、24歳を迎える6年目の松井氏は初めて本塁打、打点のタイトルに輝いた。2000年、2002年にも2冠王を奪取し、チームを日本一に導いている。

 先輩の松井氏が高橋氏の監督時代について「去年までの3年間の大変さを学んでみたい。学んでみたいというか聞いてみたい」と話を振ると、高橋氏が「大変だなと思っていたでしょ?」と返し、松井氏「大変だなと思っていたね」と答えた。

 続けて、松井氏は「引き受けた時期が気の毒でした」とベテランが衰えて戦力の過渡期に監督を務めた高橋氏を慮った。自身の監督就任については、「現時点では考えていない」と否定したものの、未だに待望論は絶えない。野球担当記者が話す。

「松井さんの監督就任は、数年前までは絶対にないと思っていましたが、最近は軟化してきている印象です。昔ならテレビのインタビューで触れられることすら嫌がっていましたから。ただ、かつての長嶋茂雄氏や高橋由伸氏のように“戦力の過渡期”に監督は務めたくないでしょう。いくら周囲が監督就任を歓迎したところで、勝てなければ叩かれるということは、松井氏自身が誰よりもよく知っている。

 引退からもうすぐ7年が経ち、グランドの外から野球を見られたし、巨人の臨時コーチやヤンキースのゼネラルマネジャー特別アドバイザーという立場ではありますが、指導者経験もできた。巨人とは限らないが、いずれユニフォームを着たいという気持ちは野球人なら誰でもあるでしょう」

コメント 4

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス