• TOP
  • スポーツ
  • 池江璃花子選手 闘病生活を支える「大切な人」の存在

スポーツ

2019.05.30 07:00  女性セブン

池江璃花子選手 闘病生活を支える「大切な人」の存在

驚異的な回復を見せる池江璃花子選手(時事通信社)

 白血病を告白し、闘病生活に入ってもうすぐ4か月が経つ水泳の池江璃花子選手(18才)。彼女は驚異的な回復をみせていた──。

 5月8日、公式ホームページを開設し、約2か月ぶりにメッセージを発信した池江選手。ちょうどこの頃、初めて所属する日本大学を訪れた。池江選手は4月に日大に入学し、水泳部に入部したが、闘病中だったため実際に通学はしていなかったのだ。

 この日、毎年6月末か7月はじめに行われる日大と中央大の対抗戦“日中戦”のパンフレット用の写真を撮影していたという。その池江選手はその撮影現場に現れ、チームメイトたちと記念撮影をしたのだ。

 この撮影は、抗がん剤治療の合間の“1週間の退院期間”に行われたという。一時退院できるほどに、治療が順調に進んでいるということなのだろう。

 そんな池江選手には、心の支えとなる“大切な人”がいるという。

「病気が発覚する直前、ある男性との出会いがあったそうです。相手は別の大学の4年生Aさんで、同じ水泳部だそうです。池江さんの方から勇気を出して気持ちを伝えたそうです」(日大水泳部関係者)

 Aさんは水泳競技の日本代表にも選ばれており、目下、東京五輪への出場を目指す有望選手。身長は175cm、鍛え抜かれた体が印象的な鈴木亮平似のイケメンだ。

「彼女はAさんを信頼していて、闘病中も毎日のようにLINEで連絡を取り合っています。池江さんの家は厳しくて、恋愛禁止という話もありますが、周囲は恋人だと思っていますよ。実際のところは当人同士にしかわかりませんが…。でも、確実に言えることは、池江さんが前向きに闘病生活を送れているのは、彼の存在も大きい」(前出・日大水泳部関係者)

 出身地である東京・江戸川区のスポーツセンターに設置された「応援ブース」には、設置後またたく間に4万羽を上回る千羽鶴が全国から寄せられた。こうした多くの人々の“祈り”が、池江選手を後押ししているに違いない。

 驚異的な回復力で“奇跡”を現実のものにしようとしている池江選手。チームメートとの「集合写真」は、その第一歩なのかもしれない。

※女性セブン2019年6月13日号

関連記事

トピックス