• TOP
  • 国内
  • 秋篠宮家のスタッフ、官邸に近い経産省役人が増える裏側

国内

2019.08.13 07:00  女性セブン

秋篠宮家のスタッフ、官邸に近い経産省役人が増える裏側

秋篠宮家は宮内庁職員の中で“ご難場”と呼ばれているという(撮影/JMPA)

 東京を発たれた4日前とは、雰囲気が変わられていた。こんがりと焼けた肌の色が、若々しさとともに、たくましさも感じさせる。小麦色に弾ける笑顔の鼻の頭には、ほんのりと赤みがまだ残っていた。愛子さま、高校生活最後の夏休み――。

 8月5日午後5時半頃、須崎御用邸(静岡県下田市)で4泊5日のご静養を終え、天皇ご一家が東京駅に到着された。5月に陛下が即位されて以来、初のご静養だった。

「ご一家は、駅で多くの人に出迎えられました。夕方でもまだ30℃を超えていたでしょうか、集まった人々はにじむような汗をかいていました。

 そんな暑さの中でも愛子さまは、両陛下に倣って笑顔で手を振られ続けていました。ふんわりとした黄色とネイビーの七分袖ワンピース姿で、何度も振り向き会釈をされる。ご静養に出発された時より、すっかり日焼けされていました。そのお姿を見て、『愛子さま!』という声が広がっていきました」(皇室記者)

 愛子さまは現在高校3年生。来春には大学へと進学される。成人されれば「成年皇族」として、数々の公務にお出ましになるだろう。「天皇の長子」として、日頃から陛下の立ち居振る舞いを学ばれている愛子さまに対し、国民が抱く敬愛は深い。

 愛子さまへの期待を、「女性天皇待望論」とは切り離すことはできない。

関連記事

トピックス