芸能

小林麻耶がTVに引っ張りだこ 完全復活の陰に古巣の先輩あり

 麻耶を応援しているのは生島ヒロシ氏だけではない。『バイキング』には、スタジオに同じく大先輩の吉川美代子氏がいて、「アナウンス研修で厳しく指導したのに」「研修が終わったら、この口調に戻ってしまった」と、アナウンサーらしからぬ麻耶の発声に何度もダメ出しをしていらした。

 TBSを定年退職して以来、バラエティーに引っ張りだこのせいで、色々「わかっている」吉川氏と麻耶のやりとりは、吉川氏が厳しく言えば言うほど笑いになっていた。

 そんな麻耶だが、『~旅サラダ』で宮古島ロケに出て、現地の皆さんと触れ合う様子には、彼女の人柄や可愛らしさが前面に出ていたし、何より、“生あて”のナレーションは、アナウンサーらしく、滑舌も良かったし、間や緩急の取り方も完璧で、「さすが女子アナ」という出来栄えだった。
 
 同時にロケでも「ぶりっこ」は健在で、大げさなリアクションをしたり、突拍子もない食リポをする麻耶に、現地の方が素で驚く場面が何度もあった。スタジオでも神田正輝を始め、レギュラー陣も麻耶を面白がり、温かく迎えていて、土曜の朝にはピッタリな内容となっていた。
 
 彼女と仕事をすれば、「ぶりっこ」は彼女の真のキャラクターであることがすぐにわかるので、みんなが受け入れてくれるのだ。
 
 所属事務所の会長の生島ヒロシ氏、今後、バラエティーで共演する機会も多いハズの吉川美代子氏。そして、もう一人、TBSに麻耶が入社する際の採用担当だった小島慶子という強い味方も麻耶には付いている。『恋のから騒ぎ』ファンだった小島が「あんな子がウチに入ってくれたら…」と公私にわたって尽力し、アナウンサー・小林麻耶が誕生したのである。
 
 後輩ではあるが、田中みな実、吉田明世、宇垣美里ら、TBSからフリーになった女子アナは、みんな逞しく、自由で、輝いてもいるが、彼女たちと麻耶との違いは、件の大先輩たちと直で仕事をしていたこと。麻耶が経験したこと全てを知っている大先輩たちに麻耶は支えられているのである。これは強力なサポートだと思う。

 小林麻耶、もう大丈夫だ。

関連記事

トピックス

河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
悠仁さまは天皇陛下から帝王学を学ばれていないが
悠仁さま“自由な選択”を尊重し、バドミントン部に入部か 帝王学への不安も
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン
阿武町のフェイスブックページ
TV界で言われる「4630万円誤送金は”数字”が取れる」、『ゴゴスマ』は視聴率上昇
NEWSポストセブン
「人妻じゃなくなる」発言をした華原朋美(オフィシャルブログより)
華原朋美、FCサイトで突然「人妻じゃなくなります。あと1時間で」宣言 事務所は「冗談です」
NEWSポストセブン
北条義時は小栗旬が演じる(C)NHK
『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏が初めて描く「勝ち組主人公」で注目集まるラスト
週刊ポスト
悲しみに包まれている
上島竜兵さんに寄り添い続けた妻・広川ひかる“恐妻ネタ”の陰で支え合った2人
女性セブン
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
4630万円誤送金 役場も銀行も防げなかった理由と男が職員の前でとった行動
女性セブン
ニューヨクの街を行く小室圭さん
小室圭さん、3度目の司法試験まで約2か月 「あと5点」は上積みできるか
NEWSポストセブン
摘発を受けた現場では何が…
渋谷のハプニングバー摘発「人生終わった」居合わせた客が語る騒然の店内模様
週刊ポスト
昨年9月に復帰(写真はインスタグラムより)
深田恭子 度重なる深酒と“昼帰り”で恋人激怒、午前4時の西麻布で大げんか
女性セブン
はたして4630万円は返ってくるか(阿武町役場)
4630万円誤送金、男性の正体 家賃は2.5万円、元同僚は「いたって真面目」
女性セブン