• TOP
  • スポーツ
  • 引退の阿部慎之助 2年の修行期間を経て監督就任の可能性

スポーツ

2019.09.30 16:00  週刊ポスト

引退の阿部慎之助 2年の修行期間を経て監督就任の可能性

原監督から帝王学を学ぶ?(写真/時事通信フォト)

 巨人が5年ぶりのリーグ優勝を決めた3日後の9月24日、阿部慎之助(40)の引退が一斉に報じられた。

 阿部は25日の引退会見で、「(原辰徳監督は)すごく僕の将来のことを、僕が思っている以上に考えてくださっていた」「何らかの形でジャイアンツに恩返しできれば」と語った。野球評論家の江本孟紀氏が言う。

「原監督には前政権時代に高橋由伸を後継者に育てられなかった後悔がある。今回は自分のもとで阿部をじっくり育て上げ、次期監督に据えるつもりではないか。

 巨人も阿部にそれなりのポストを用意するでしょう。原監督の采配を学ばせるには二軍ではなく一軍のバッテリーコーチか打撃コーチが順当ではないか。いきなりヘッドコーチ抜擢の可能性もある」

 阿部が入団した2001年当時、原氏は当時の長嶋茂雄監督のもとでヘッドコーチを務めていた。2年間、長嶋政権下で「帝王学」を学んだことが、その後の名将への道へつながっている。

 阿部の引退に際し、長嶋氏も「後進を指導し、再びジャイアンツのために貢献するという責務が彼にはある」とコメントを発表した。

「原監督のもとでの阿部の最大のミッションは“次の正捕手”を育て上げることでしょう。小林誠司が期待されて久しいが伸び悩んでおり、炭谷銀仁朗や大城卓三と出場機会を分け合っている。秋季・春季のキャンプで小林を大きく成長させられるかどうかが、最初の“監督昇任試験”になるでしょう。成功すれば周囲も監督就任に納得するはずです」(前出・江本氏)

 原監督は2021年シーズンまでの3年契約。順当に行けば、阿部は2年間の“修業期間”を経て、監督への道へ進む可能性が高まる。

※週刊ポスト2019年10月11日号

関連記事

トピックス