• TOP
  • 芸能
  • 1.38億円申告漏れの徳井義実、なぜフジテレビがスクープしたか

芸能

2019.10.27 16:00  週刊ポスト

1.38億円申告漏れの徳井義実、なぜフジテレビがスクープしたか

私服代などを経費として計上していた(写真/共同通信社)

「想像を絶するだらしなさ」「ルーズ」「怠慢」──10月23日の会見で釈明したのは、お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(44)だ。吉本興業からの出演料などを個人会社「チューリップ」を通して受け取っていた徳井は、東京国税局から7年間で約1億3800万円の申告漏れなどを指摘されていたことが発覚した。

 昨年12月に国税から「お叱り」を受けた徳井の追徴課税は約3700万円で、すでに修正申告し、納付したという。

 芸能界の“申告漏れ”事件として思い出されるのが2012年の板東英二(79)だ。名古屋国税局から板東の個人事務所が7500万円の申告漏れを指摘されていたことが判明。後に開いた会見では「カツラは経費になるから、植毛もいいだろうと思っていた」との迷言を残したが、計8本のレギュラー番組を次々と失った。

 現在、10本以上のレギュラー番組を持つ徳井はどうなるのか。

「吉本興業にも報告していなかった徳井の申告漏れをスクープしたのはフジテレビ(FNN)です。売れっ子タレントの不祥事を報じる時は事前に編成にお伺いを立てるなど慎重に進めますが、徳井の場合、うちではゴールデンのレギュラーはないために影響は少ないと判断されたようです」(フジ関係者)

 とはいえ、徳井はNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』に11月から出演予定。出演CMは差し替えになっている。別のキー局プロデューサーはこう話す。

「徳井はすでに修正申告しているので、降板にまで至るのかは微妙なところ。闇営業問題で謹慎中の宮迫博之とは違い、どの局もしばらく世間の反応を様子見するのでは」

 年の瀬まで、笑えない日々が続きそうだ。

※週刊ポスト2019年11月8・15日号

関連記事

トピックス