• TOP
  • 芸能
  • “寅さん博士”立川志らくが選ぶ、ベスト恋愛模様とマドンナ

芸能

2019.12.18 07:00  女性セブン

“寅さん博士”立川志らくが選ぶ、ベスト恋愛模様とマドンナ

懐かしの『男はつらいよ』が─”復活”(C)松竹株式会社

“私生まれも育ちも葛飾柴又です 帝釈天で産湯を使い 姓は車 名は寅次郎 人呼んでフーテンの寅と発します”――。

 日本中を笑いと涙に包んだ、国民的映画シリーズの最新作『男はつらいよ お帰り 寅さん』が2019年12月27日から全国で公開される。第1作の公開から50周年、50作目となる記念すべき“寅さんイヤー”がやってくる。

 渥美清演じる寅さんといえば美しい女性に出会い、たちまち恋に落ちて実らずまた旅に出る。作品にも欠かせないマドンナの存在は当時から話題となった。大の寅さんファンの落語家・立川志らくに、恋愛模様ベスト5とベストマドンナを紹介してもらった。

【恋愛模様】
◆第1位「男が女を送るって場合にはな、その女の玄関まで送るってことよ」
第48作:『男はつらいよ 寅次郎紅の花』(1995年)

 泉(後藤久美子)が結婚すると聞き傷心の満男が奄美大島へ旅に出る。そこで出会ったリリー(浅丘ルリ子)の家には寅さんがいた。

【志らくコメント】
「どこまで送ってくれるの?」とリリーが寅さんに聞いた時のセリフ。寅さんの照れ隠しと粋が最高にかっこいい。

◆第2位「寅さんみたいな人って言っちゃったんでしょ!」
第32作:『男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎』(1983年)

 博(前田吟)の父の葬儀に出られなかった寅さんは墓参りに行き、そこの住職の娘・朋子(竹下景子)と知り合う。両想いになった2人だが寅さんがおどけてふざけてしまう場面。

【志らくコメント】
 寅さんに想いを寄せる朋子が、「父と結婚相手の話になった」と遠まわしに恋心を伝えた時に、寅さんがおどけて言うセリフ。両想いだったのに寅さんが逃げたことでこの恋は終わってしまうんです。

◆第3位 柴又の駅で傘をさして待っている寅さん
第15作:『男はつらいよ 寅次郎相合い傘』(1975年)

 青森で知り合った兵頭(船越英二)と旅する寅さんはリリーと偶然再会。3人で北海道を旅することになったが、リリーと寅さんは大喧嘩。

【志らくコメント】
 リリーが柴又駅に着くと外は雨。ふと前を見ると喧嘩をしていた寅さんが、黙って傘をさして待っている姿は日本映画史上最高にかっこいい場面。

関連記事

トピックス