• TOP
  • 芸能
  • ゲス極・川谷絵音 活躍しすぎてお疲れなライブ後マスク姿

芸能

2020.02.10 16:00  NEWSポストセブン

ゲス極・川谷絵音 活躍しすぎてお疲れなライブ後マスク姿

マスク姿の川谷絵音。不倫騒動はあったが活躍は止まらない

 猛威を振るう新型コロナウイルスの流行を懸念してか、大型のマスク姿。トレードマークのキノコカット頭も黒のキャップで隠して歩くのは、ロックバンド『ゲスの極み乙女。』のボーカル・川谷絵音(31才)だ。彼ほど、ファンと非ファンの印象が違う人物も珍しい。前者はその楽曲センスに心酔し、後者は「ベッキーとの“ゲス不倫”の人でしょ?」と。そんな川谷の近影を1月末にキャッチした。

 振り返れば、川谷の“ゲス不倫”が発覚したのは4年ほど前の2016年1月のことだ。『週刊文春』にベッキーとの不倫スキャンダルをスッパ抜かれ、一躍時の人となった。芸能関係者が語る。

「売れる前から川谷さんを献身的に支えていた夫人とは、不倫発覚後に離婚しました。ベッキーさんとの騒動後、川谷さんにはすぐ、タレントほのかりんとの交際が発覚しています。すると今度は、ほのかりんに未成年飲酒疑惑が浮上し、川谷さんは『ゲスの極み乙女。』の活動を休止することに。当時の川谷さんは、まさに踏んだり蹴ったりでしたね」

 ところが、転んでもただでは起きないのが、川谷のすごいところ。活動再開後の2017年には、アルバム『達磨林檎』を発表。収録曲の『影ソング』は、ベッキーとの不倫騒動を騒ぎ立てた周囲へ強烈なカウンターを浴びせるような攻撃的な歌詞で、話題になった。さらに新曲『あなたには負けない』のミュージックビデオを、『週刊文春』の発行元の文藝春秋本社で撮影。ゲス不倫を報じた、いわば憎き敵だったはずの文春と、まさかの“共演”で驚かせた。

 文春と組んでMVを撮影した当時、川谷はこんなコメントを発表している。

「窮屈な世の中で表現まで窮屈になりたくない。表現にはこれくらいのジョークがなきゃ」

 世間を大いに騒がせた不倫騒動も、負の遺産にも黒歴史にもせず作品に変えていく。そんな非凡な才能を持つゆえに、彼はいま多忙な日々を送っている。

「現在の川谷さんは、バンド4組の活動を掛け持ちしているほか、2018年にはテレビ東京のドラマ『恋のツキ』にも出演して、俳優という新たな一面も加わりました。アイドルグループ『私立恵比寿中学』や、歌手で声優の坂本真綾らへの楽曲提供、さらに2つのソロプロジェクトと、体がいくらあっても足りないくらいの活躍ですね」(前出・芸能関係者)

関連記事

トピックス