• TOP
  • 芸能
  • 柄本佑に密着、イケメン役は「技術を結集した総合芸術」

芸能

2020.03.01 07:00  女性セブン

柄本佑に密着、イケメン役は「技術を結集した総合芸術」

『知らなくていいこと』では妻子持ちのカメラマン役の柄本。「実生活では食器洗いや洗濯物を畳んだり、家事は嫌いじゃないですよ」と家事に参加する一面も(撮影/カノウリョウマ)

 放送中のドラマ『知らなくていいコト』(日本テレビ系)に主人公ケイト(吉高由里子)の元カレ・尾高由一郎役で出演する柄本佑(33才)。この日、取材のためにドラマの撮影が行われているスタジオへ向かうと、最寄り駅で柄本らしき男性とすれ違った。だが、その彼はスタジオとは逆方面の出口へすたすた歩いて行く。人違いだったのか…インタビューで本人に直撃してみると──。

「あはは、それ僕です! 降り口がわからなくなっちゃって、正しい出口から出ていたのに間違えたと思って引き返し、反対側から出たら“あっ、やっぱり逆だった”と、もう1回引き返しました(笑い)。だから入場料が2回分かかっちゃった」

 聞けば、普段から電車はよく利用するのだとか。ドラマで見せる男前な仕草や色気に“こんなにイケメンだったなんて”とSNSが沸騰し、注目度も急上昇している柄本。ふらりと電車に乗っていたら気づく人も多いのではないだろうか。

「気づかれることはあまりないかなぁ。あ、でもね。妻(安藤 サクラ)と歩いていると、周囲が僕だと気づいていることを妻はわかるらしいんです。僕も同じで、妻に気づいていることはわかる。ほかの人のことはめざといんだけど、自分のことはわからなかったりするんですよね」と、街中の視線は自覚していないと話すが、ドラマに対するSNSの反響はスタッフを通じて届いているという。

「いろいろ言ってくださっているのはすごくうれしいです。僕にとってこういう役は初めてで、台本を読んだときイケメンだなぁって。でもベースは(顔を指さして)コレしかない。僕も映画やドラマのかっこいい人たちをいっぱい研究して頑張るけど、撮影、録音、演出、監督、メイク、衣装の技を結集した総合芸術として“尾高というイケメンを作りましょう”と撮影をスタートする前にみなさんへ伝えました。だから反響には“やったぜ、みんな! 成功したぜ”って爽快な気分でした」

関連記事

トピックス