• TOP
  • 国内
  • アベノマスク つけ続ける安倍首相とつけない閣僚たちの怪

国内

2020.05.23 16:00  女性セブン

アベノマスク つけ続ける安倍首相とつけない閣僚たちの怪

賭け麻雀で辞任することになった黒川検事長(時事通信フォト)

 空中ブランコ、富士登山など、体験取材を得意とする女性セブンの“オバ記者”ことライター・野原広子(63才)が、世の中で起きる出来事にゆるくツッコミを入れる。今回のテーマは「『ゴリ押し』のはずが『見送り』って、結局のところ、なんなのよ!?」。

 * * *
『#検察庁法改正案に抗議します』

 やけにモノ堅いことを小泉今日子がツイッターでつぶやいた、と聞いてネットを開いたら、浅野忠信、井浦新、大久保佳代子、城田優…以下続々。さらにはツイッターのフォロワーが523万人超えのきゃりーぱみゅぱみゅがこのハッシュタグを使って意思表明。わずか2日で投稿数が600万件超えって、仮に1人で何回も繰り返し投稿してたとしても尋常な数じゃないって。

 そうなるとコメント欄での場外乱闘も激しくなって、きゃりーはとうとうツイートそのものを消去しちゃったけど、言い出しっぺの小泉今日子は、アベノマスクを「その汚らしさを具現化」「ここまでくると、怖い」と一歩も引かず。

「芸能人が政治に口を出すの、好きじゃない」と言う人もいるけど、そう? 私はそう思わないわ。だってみんないままでたっぷり税金を払ってきた人たちだよ。それが仕事が減って、急に家に居だして、政治家のやること言うことに注目しだしたら、「はあ~?」と思わない方がおかしいって。

 前にも書いたけど、自民党の幹事長だった安倍総理を政治資金パーティーで見かけたとき、体から発するオーラに圧倒されちゃってね。そのときの残像でつい、彼をひいき目で見ていたの。それが、緊急事態宣言が出た4月7日以降、テレビで彼を見ると怒りで血圧が上がるんだわ。

関連記事

トピックス