• TOP
  • 芸能
  • TBS女子アナの歴史 小林麻耶と田中みな実の果たした役割

芸能

2020.05.23 07:00  週刊ポスト

TBS女子アナの歴史 小林麻耶と田中みな実の果たした役割

宇垣美里は2019年にフリーに

「天然キャラの雨宮塔子アナとコスプレでカルト的な人気を誇った進藤晶子アナがアイドル的に扱われました。ただ、TBSらしくどこか落ち着いた上品さがあり、いわゆる派手な“アナドル”とは毛色が違いました」

 その後2003年、ついに本格的に「アナドル路線」へ大転換を図る転機を迎える。

「小林麻耶アナの登場です。小島慶子アナが後年、昔のTBSは元タレントなどを好まず“処女性”が求められたと話していましたが、小林アナは『恋のから騒ぎ』出身。彼女の成功でTBSはタレント性を重視するようになった」

 そして2009年、田中みな実アナの入社で集大成を迎える。

「同年に小林アナが退社しますが、田中アナがその穴を補いTBSの方向性が固まった。現在まで民放のどの局よりもアイドル性重視の採用です」

古谷有美アナはエース候補か

出水麻衣アナは2006年入社

雨宮塔子アナは『チューボーですよ』などで活躍

青木裕子アナは人気抜群だった

小島慶子アナは「三人娘」として活躍した

山本里菜アナは2017年入社

2020年入社の野村彩也子

◆取材・文/河合桃子 ◆写真/ロケットパンチ

※週刊ポスト2020年6月5日号

関連記事

トピックス