• TOP
  • 芸能
  • 前田敦子と勝地涼が別居生活、育児に参加しない夫への不満も

芸能

2020.06.25 07:00  女性セブン

前田敦子と勝地涼が別居生活、育児に参加しない夫への不満も

母になってもスタイルは維持

 夫婦は対極のキャリアを歩んできた。前田は国民的アイドルグループでセンターを務め、グループ卒業後に女優業に本格シフトすると、映画やドラマで主役を演じ続けてきた。

 一方の勝地は2000年に俳優デビュー。実力派俳優として着実に実績を積んできたが、2013年に『あまちゃん』(NHK)で“前髪クネ男”としてブレークするまで、下積み期間が長かった苦労人だ。

 共通の知人を介した食事会で知り合ったふたりの恋路は一気に燃え上がり、スピード結婚となった。かつての国民的アイドルを射止めた勝地には羨望の眼差しが向けられたが、実際の生活は窮屈そうでもあったという。勝地の知人が明かす。

「前田さんは感情の起伏が激しいところがあるんです。自分でも認めていますが、パニックになりやすく、一度怒りが沸点に達すると、なかなか感情を抑えることができない。些細なことで勝地さんを罵倒することもあったようです。

 彼は自衛官の役を演じるときには自衛隊に体験入隊するほど仕事熱心で、役者仲間とバーでお酒を飲みながら演技論を交わすのが楽しみなタイプ。話が白熱してしまい、深酒になることもあるのですが、帰宅が遅いと、前田さんの逆鱗に触れる。当時は妊娠中だったから、自分だけお酒を飲んで楽しむ夫にイライラしたのでしょう。彼女が勝地さんの携帯電話にかけ続けたり、自宅のドアに内側からチェーンをかけて、勝地さんが家に入れなかったことも何度かあったようです。結婚後、勝地さんは行きつけのバーやスポーツジムから足が遠のき、生活が一変しています」

関連記事

トピックス