• TOP
  • 芸能
  • 『愛の不時着』見た30代女性「まさか自分が韓流にハマるとは」

芸能

2020.07.07 16:00  NEWSポストセブン

『愛の不時着』見た30代女性「まさか自分が韓流にハマるとは」

『愛の不時着』は今年2月にNetflixで配信された韓流ドラマで、ある日、パラグライダーに乗っていたところ突風に煽られて北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢ユン・セリ(ソン・イェジン)と、彼女を守ろうと身を挺して奮闘する北朝鮮将校、リ・ジョンヒョクが織りなす愛の物語だ。恋愛模様だけでなく、両国の政治背景や文化的状況を描いた描写が、多くの視聴者を魅了している。

 そんなAさんは、自身も周囲の友人に『愛の不時着』の面白さを“布教”“しているという。16話全て見終わった後に、「愛の不時着ロス」に陥ったという彼女は、いま同作の俳優が出演する他のドラマを見続けているという。韓国ドラマを見続けるうちに、彼女の食生活にも変化が訪れていた。

「影響されやすい性格なので、ドラマに出てくる韓国の食べ物がどれも美味しそうに見えてしまって……。ドラマに出てくる韓国で有名なチキン料理を食べたり、家でナムルやキムチを作ったりしました。外出自粛明けで外食できるようになったときには、すぐ韓国料理専門店に行って、カンジャンケジャン(※醤油漬けのカニ料理)を食べました。通販で買った韓国焼酎と生マッコリを家にも常備して、ドラマを見ながら晩酌しています。

 いざ自分がハマってみて分かったことは、韓流文化はコンテンツだけじゃなくて、ライフスタイル自体も真似しやすいというのがポイントですね。コスメから食事から、すぐに手に入るものばかりなので、生活に溶け込んでくるんです」(Aさん)

 Aさん自身、まさかステイホーム中に利用した動画配信サービスをきっかけに、ここまで自分のライフスタイルが変わるとは思ってもみなかったようだ。

関連記事

トピックス