• TOP
  • 芸能
  • 反町隆史、竹野内豊…90年代“イケメン列伝”癒しや安心感がキーワード?

芸能

2021.08.31 16:00  女性セブン

反町隆史、竹野内豊…90年代“イケメン列伝”癒しや安心感がキーワード?

トレンディードラマ御三家の一角・織田裕二

トレンディードラマ御三家の一角・織田裕二

 木村は『an・an』の「好きな男ランキング」で1位を獲得(その後15年間トップの座に君臨する)。「当時、木村と人気を分かち合っていたのが、トレンディー御三家と呼ばれる織田裕二さん(53才)、吉田栄作さん(52才)、加勢大周さん(51才)です」と、イケメン評論家の沖直実さんは言う。

「彼らはTシャツにジーンズというシンプルなファッションで、素の自分で勝負していました。

 同じ頃、『ひとつ屋根の下』(1993年、フジテレビ系)に出演していた江口洋介さん(53才)も、Tシャツに長髪という、等身大の若者のスタイルで、男女ともに人気でした。

 1997年の『ビーチボーイズ』(フジテレビ系)で、イケメンかつ素敵なお兄さんとして鍛え上げられていた肉体も披露していた反町隆史さん(47才)や、竹野内豊さん(50才)は、自然体のスターの筆頭。背伸びをせず、自分を大きく見せることなく、等身大で確固たる芯を持っている男性に世の女性たちは憧れと安心感を抱くようになりました」(沖さん)

取材・文/廉屋友美乃

※女性セブン2021年9月9日号

ヒロインの相手役などでトレンディードラマの常連だった江口洋介

トレンディードラマの常連だった江口洋介

関連記事

トピックス