国内

天皇ご一家、3年ぶりのご静養へ 行き先は葉山御用邸が有力、皇室も徐々に「ウィズコロナ」化

仲睦まじさは健在(2021年12月、東京・港区。写真/JMPA)

仲睦まじさは健在(2021年12月、東京・港区。写真/JMPA)

 愛子さまが成年会見でご両親との思い出として「ご静養」でのエピソードを披露されたように、天皇ご一家にとってご静養は大切な機会である。上皇ご夫妻にとってもそれは同じだろう。コロナ禍で慎重を期してきた皇室に、変化のときがやってきた。

 2月23日、御代がわり後では初めてとなる、天皇誕生日の一般参賀が行われ、天皇皇后両陛下が皇族方と皇居・宮殿のベランダに立たれる。

「お出ましは全3回を予定しており、それぞれ参列者は約1500人。コロナ禍を考慮しての完全入れ替え制です。つまり、4500人あまりの“狭き門”になりました」(宮内庁関係者)

 抽選には応募が殺到し、倍率は今年の新年一般参賀(約10倍)を超えたという。

「今回は6万人を超える応募があり、倍率は約13倍でした。ひとえに、陛下ならびに雅子さま、そして愛子さまの根強い人気によるものでしょう」(前出・宮内庁関係者)

 同日には、63才の誕生日に際して事前に行われる会見の模様も宮内庁のホームページや報道により公開される。

「陛下は宮内庁担当記者らからの事前質問に目を通し、回答を準備されているでしょう。質問事項には、雅子さまとの結婚30周年に関する質問などがあるようです。一連のお誕生日行事を終えられると、いよいよ本格的に3年ぶりのご静養に向けて動き出される見通しです」(前出・宮内庁関係者)

 政府は、新型コロナの感染法上の位置づけを、5月8日に5類へ改める方針を固めた。皇室も徐々に「ウィズコロナ」に舵を切り始めている。2月3日、日本に赴任する外国大使を天皇陛下のもとに送迎する馬車列が、3年ぶりに復活するにあたってのリハーサルが行われた。

「コロナ禍では自動車が使われてきましたが、ようやく解禁されます。そうした動きが続けば、国民と皇室の距離が自ずと近づく効果がありつつも、陛下はいまも感染拡大に細心の注意を払われており、慎重な姿勢を崩されていません」(前出・宮内庁関係者)

 象徴的なのが、今年1月の歌会始の儀で《コロナ禍に友と楽器を奏でうる喜び語る生徒らの笑み》という御製を詠まれたことだ。

「陛下がコロナにまつわる御製を詠まれたのは3年連続です。コロナ禍を真剣に憂い、国民と共に乗り越えたいというメッセージだったのでしょう。また、新年一般参賀で皇族が全員マスクを着用されていたのは陛下のご判断だったそうです。バルコニーの換気が難しいこと、比較的“密”になること、上皇ご夫妻ら高齢の皇族がいることなどから、総合的に判断されたということでした」(皇室記者)

 一方で、あまりに慎重でありすぎると、皇室の「ウィズコロナ」化はなかなか進まないのではないかという声もある。

「国賓来日の際に開催される宮中晩餐会は、2019年を最後に再開の目処が立っていません。国賓を招いてのクラスターのリスクを危惧する思いもあるのでしょう。ただ、国賓接遇を見送り続けることは国にとっていいものかどうか。

 また、公務がオンライン中心となると、皇室と国民の距離は開いてしまう一方です。皇室の存在感を出すためにも、充分な対策をした上で、国民との直接の交流を増やしてもよい頃合いではないでしょうかという声もあります」(別の宮内庁関係者)

 皇室と国民が直接交流できる貴重な機会が「ご静養」だ。長女の愛子さまが成年会見で話題に出されるほど、天皇ご一家にとってご静養は思い出深いもの。コロナ禍以前は恒例だったが、2019年8月を最後に取りやめられている。

「ご静養では、駅や御用地周辺での市民との交流がつきものです。宮内庁の一部は半年以上前からご静養の再開を本格的に検討していたのですが、陛下のご意向があり、これまで実現しなかった。この春にご静養を実現するならば、陛下の説得は必須です」(前出・宮内庁関係者)

 そこで動かれたのは、雅子さまだった──。

関連記事

トピックス

喫煙、飲酒行為が発覚し五輪を辞退した宮田笙子(時事通信フォト)
《19歳飲酒・喫煙でパリ五輪辞退》体操女子・宮田笙子の実家は「400年以上の歴史を誇るお寺」エースが抱えていた「精神面での課題」
NEWSポストセブン
フジテレビが説得を続ける織田
【『踊る大捜査線』続編計画】本命は当初から“織田裕二主演による続編” 「柳葉さんがやるなら…」と織田裕二も前向きに検討か
女性セブン
五輪出場権を逃したが、その無念を晴らす結果となった古江彩佳(時事通信フォト)
女子ゴルフ・古江彩佳、「メジャー制覇」を支えた“ゴルフ素人”の父 なぜ世界レベルの女子プロは「親の声」に耳を傾けるのか
週刊ポスト
香取慎吾が“謝罪中継”もしたフジテレビに復帰
香取慎吾“因縁のフジテレビ”に復帰、2025年1月期スタート連続ドラマでの主演が内定 SMAPメンバー間の遺恨は完全消滅へ
女性セブン
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
登録者の平均年齢は約70才、最高齢は91才 マンション管理業務の委託・請負会社会長が語る“高齢者が働くことの意義”
マネーポストWEB