国内

お相手候補浮上の愛子さまの恋との接点 友人限定SNSにアップした「推し活」と「ネックレス」

愛子さま

2月23日には淡いピンク系のドレスでお出ましになった愛子さまの、お相手候補とは(時事通信フォト)

 次世代の皇室を担うことを期待される天皇家の長子でありながら、女性皇族であるために、結婚されたら皇室を出なければならない──。愛子さまの人生は、常に国民から注目されてきた。現在、21才の愛子さまに浮上したお相手候補は、ある旧宮家の子息。周囲も静かに見守っているという。

 2月24日、4月から学習院大学のキャンパスに本格的に通われることが発表された愛子さま。2021年3月の成年会見では、結婚における理想の時期やパートナー像について、「一緒にいてお互いが笑顔になれるような関係が理想的ではないかと考えております」と答えられたが、有力なお相手候補が浮上した。

「愛子さまがこの数年ご縁を育まれているのは、旧皇族で、旧賀陽宮家の次男であると聞いています。愛子さまよりも4才年上のイケメンです」(宮内庁関係者)

 旧皇族とは、戦後に皇籍離脱をし、民間人として生活することになった11宮家51人の皇族と、その子孫を指し、旧賀陽宮家も該当する。現在、賀陽家は、当時の当主・恒憲王の三男・章憲氏の長男である正憲氏が継いでいる。お相手候補に浮上した男性は正憲氏の次男で、幼稚園から高校まで学習院で学び、早稲田大学に進学した。

感じられる愛子さまの変化

 2月23日、愛子さまは、淡いピンク色のドレスと同色の帽子、ピンクパールのイヤリングという装いで、天皇誕生日の一般参賀にお出ましになった。

「穏やかな笑顔で手を振られる様子が印象的でした。新年一般参賀のときと比べると、周囲に目を配る余裕もおありだったのか、陛下や雅子さまと同じ方向に視線を送るよう、意識されていたように思います」(皇室記者)

 さらに近頃は愛子さまの“変化”を指摘する声がとみに増えてきた。2022年12月、21才のお誕生日に際して公開された写真は驚きをもって受け止められた。タートルネックにジャンパースカートという落ち着いた装いながら、胸元には「A」のイニシャルが彫られたシルバーのハートのネックレスが輝いていたからだ。

「彼からのプレゼントではないかと皇室関係者の間で騒然となりました。宮内庁からは後日、贈り主は『学習院女子中・高等科のご友人』と説明があったほどです。愛子さまが身につけられているものについて、公式に説明がなされるのはとても珍しいことです」(皇室関係者)

 さらに、新年に際して公開された天皇ご一家の写真からも変化が感じ取れた。

「愛子さまのヘアスタイルは、昔からストレートが多かった印象です。ただ、新年のお写真では、長い髪を緩やかに巻いて左側だけ下ろすスタイルでした。昨年11月にも、髪を緩く巻き、ひとつに束ね、ヘアゴムの結び目の上から髪を巻きつけられるスタイルでお出ましをされていますから、新しいことに挑戦されようとする心の変化があったのでしょう」(前出・皇室記者)

 皇室ジャーナリストは、愛子さまの“変化”について次のように語る。

「愛子さまはこの1~2年、お出ましのたびにおきれいになられている。内からみなぎる自信が、愛子さまを美しくさせているのでしょう」

 近頃ますます大人びた雰囲気をまとわれている愛子さま。その源には、やはり恋があるのだろうか。

関連記事

トピックス

SixTONES・ジェシー(28)
交際報道のSixTONES・ジェシーが愛用「ファミマの靴下」がXトレンド入り、「話題」と投稿のファミマが答えた“本当の意図”
NEWSポストセブン
世界体操・種目別 女子平均台決勝の演技
体操・宮田選手の五輪辞退に「当然だ!」の声があふれる気持ち悪さ
NEWSポストセブン
いまは受験勉強よりもトンボの研究に夢中だという(2023年8月、茨城県つくば市。写真/宮内庁提供)
悠仁さま“トンボ論文”研究の場「赤坂御用地」に侵入者 専門家が警備体制、過去の侵入事件を解説
NEWSポストセブン
坂田信弘さん
【訃報】プロゴルファー・坂田信弘さん逝去 古閑美保、上田桃子らを輩出した名指導者 漫画『風の大地』『奈緒子』などの原作者としても活躍
NEWSポストセブン
フレッシュさが魅力の石川(右)と突破力に定評がある出川(左)
《五輪キャスターバトル》“圧倒的な高評価”フジ石川佳純を猛追するテレ東“応援団長”出川哲朗 日テレ萩野公介は不安要素を露呈
女性セブン
名古屋場所
溜席の着物美人が名古屋場所にワンピース姿で登場 理由は愛知県体育館の暑さで、今年最後になる会場を見届ける思いか
NEWSポストセブン
綾瀬はるか(39)
SixTONESジェシーが惚れた12歳上・綾瀬はるかのナチュラル素顔「2日とも同じ自然体なファッション」
NEWSポストセブン
医療法人・徳洲会の創設者で元衆議院議員の徳田虎雄氏
《追悼評伝》徳田虎雄氏“不随の病院王”の功罪「『絶対善』の目的のためには手段はすべて肯定される」 伝説の選挙戦「保徳戦争」では現金が乱舞し選挙賭博も横行
週刊ポスト
SixTONES・ジェシー(28)
《ハグやキスもカジュアルに》SixTONESジェシーは「きれいなお姉さんに惹かれがち」綾瀬はるかと結ばれた“必然の恋愛観” ズドンとハートを射抜かれた
NEWSポストセブン
大村崑さん
名古屋場所 土俵下に転落した正代と接触の大村崑が初告白「実は落ちてくることは予想できていました」
NEWSポストセブン
熱愛が明らかになった綾瀬はるかとジェシー
【スクープ】綾瀬はるかとSixTONESジェシーが12才差真剣交際 「仲良くさせていただいております。ズドン」とジェシーが取材に回答
女性セブン
(写真/被害女性の母親提供)
体重は33キロに減り、電気も水道も止められて…22歳シングルマザー「ゴルフクラブ殴打殺人」 被害女性の母親が語る「犯人の主張に絶望」「なぜ娘が…」
NEWSポストセブン