平田勝男ヘッドコーチ

平田勝男ヘッドコーチ

“岡田GM”で常勝軍団へ

 今オフ、阪神は球団初となるドミニカ共和国での大規模トライアウトを開催し、球団本部付スペシャルアシスタントの藤川球児氏(43)を派遣すると発表。2005年の優勝メンバーである藤川氏も将来の監督候補と目されるが、伝統ある球団だけに複雑な要素が絡み合う。

「岡田さんは藤川も評価しているが、阪神には“監督は大卒”という不文律があり、高知商業出身の高卒ドラ1という経歴が壁になる。大卒でないのは中西太さんや野村克也さんといった“外様監督”が多く、生え抜きでは球団初の2000安打達成者だった藤田平さんのみ。現状、後任監督として藤川の名はあまり出ない。まだ若い金本知憲、矢野燿大らの再登板も可能性はゼロではないが、阪急サイドが候補に挙げないようです」(同前)

 むしろ、2005年の優勝メンバーたちは、来るべき“今岡内閣”の中核を成すという見通しのようだ。

「今岡が岡田政権から引き継いで水口コーチや、平田ヘッドを横滑りで迎える可能性もあり得ますが、それよりも鳥谷や藤川、赤星憲広(47)、井川慶(44)あたりを抜擢するのではないか」(同前)

 勇退後の岡田監督の去就について、星野仙一監督、岡田監督のもとで編成部長を歴任した黒田正宏氏はこう語る。

「球団にGM的な立場で関わっていくでしょう。野球知識や人脈としても球団に残ってもらわないといけない人材です。ただ、連覇を逃せばもう1年続投もあり得る」

“岡田GM”のもとで阪神が常勝球団への道を歩む──そんなシナリオを崩す他球団の奮闘が見られるのか、開幕が待ち遠しい。

※週刊ポスト2024年1月26日号

関連記事

トピックス

松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
里崎智也氏が「みられるための戦略」を語り尽くす(撮影/田中智久)
【野球YouTube動画総再生回数No.1】里崎智也が明かす“みられるための戦略”「テレビで言えないけど、話したいことが山のようにあった」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン