• TOP
  • 芸能
  • ずん飯尾和樹 影響を受けたとんねるず石橋貴明の言葉明かす

芸能

2014.12.23 07:00  NEWSポストセブン

ずん飯尾和樹 影響を受けたとんねるず石橋貴明の言葉明かす

とんねるず石橋貴明の言葉について明かす、ずんの飯尾和樹

 とぼけた間でボケをかますといった芸風がウケ、数多くのバラエティー番組で活躍しているお笑いコンビ・ずんの飯尾和樹(46才)。とんねるずやネプチューン、キャイ~ンといった人気芸人たちと絡むことも多い。これほどまでに活躍できる背景には独自の人脈力があった。シリーズ「転機」の今回は、飯尾がさまざまな芸人たちとの交流でつちかった仕事術を紹介する。

――とんねるずとも番組で絡むことが多いようですが、プライベートでもつきあいがあるんですか?

飯尾:仕事終わりでたまに飲みに行かせていただくこともありますし、ロケの最中もカメラが回っていないところでいろいろと話します。タカさん(石橋貴明)はTIMさんと一緒の時に「この世界、逆転あるから」って話をしてくれたのが衝撃でした。タカさんいわく「とんねるず消えるな」っていう時期があったそうです。

 その時、『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)が始まったときに、次のチャンスをつかまなきゃいけないと必死だったって話をしてくれて。とんねるずなんて、ずっと第一線でやってきたと思っていたから、そんな時期があったって驚きでしたね。(明石家)さんま師匠も「毎日がオーディション」って言っているぐらいですし、あれほどまでの大物でもいつつまらないって言われるかわからない、って思っているんだなって感じました。

――先輩から人生哲学を学んでいるんですね。

飯尾:先輩や同期には助けられていますね。出川(哲朗)さんにも初めて出る番組のことを相談したりしますね。出川さんってほとんどの大物MCと絡んでいるじゃないですか。だからお笑い界のご意見番みたいなところがあって、バラエティー番組のカリスマプロデューサーとかが、「最近のうちの番組どうですか?」って相談に来ますから。

 俺も出川さんが助言しているところ、何回か見ましたが、あの口調で「前のノリのほうがよかったね」とかアドバイスしていて。そのあと、その番組、出川さんの言うとおりに変えていたりしますからね。

――まさしく出川師匠ですね。

飯尾:俺が『IPPONグランプリ』(フジテレビ系)に出ることが決まったときもいろいろと言ってくれました。ちょうど出川さんが車で送ってくれたときに、「『IPPONグランプリ』は芸人人生変えてくれる番組だから、収録までの1週間はとにかく『IPPONグランプリ』のことだけ考えて」と。

 よく考えたら出川さんIPPONグランプリ出たことないですけどね(笑い)。あとは「さんまさんは何でも笑いで返してくれるから、なんでもいいから食らいつけ。例え、もごもごしていても、それを面白くしてくれるからと。まるでバッティングコーチのような存在なんですよ。

――バッティングコーチですか。

飯尾:関根勤さんもバッティングコーチですね。俺も限界感じて“そろそろこの世界にいるの無理かな”って思うと、「飯尾くん、あれ面白かったよ」ってほめてくれるんです。関根さんも「20代のころは地獄だったよ」とか、俺が30代半ばのころ、「大将(萩本欽一)から、関根がいい仕事をし始めたのは40代からだなって言われた」など“まだ先があるから頑張れ”ってことをさりげなく励ましてくれるんです。

 まるで知らない間に腰にクッションを入れてくれているような優しさがあって。関根さんがそうやって言ってくれると、まだ頑張れるかなってファイトが出たり。関根さんの助言は痛み止めのようなもんですね。さんま師匠の仕事スタイルも参考になるし、やはりトップに上りつめるような人は懐が深いですね。

――ずんとしての今後はいかがでしょうか?

飯尾:ずんは送りバンドがうまい芸人なのかなって思います。とんねるずさんやお笑いビック3(タモリ、明石家さんま、ビートたけし)のようなところまでいくと、背負うものが違いますからね。タモリさんなんて『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終わるとなったとき、テレフォンショッキングに飾られる花の花屋さんのことまで心配して考えていましたから。

 俺はやすとふたりで笑えることをやるだけかなと思います。後輩でも才能のある奴は自分の好きなようにやってくれって思いますね。よく土田(晃之)くんや品川(祐)くんとトークライブをやるんですが、見事にキャラも芸風もかぶらない。彼らは才能もあるし、技術もちゃんとあるからか、“ライバルじゃない”って俺のことも言いますし。

 以前、“ずんを水で例えると?”って質問されたことがありますが、俺はプールの水かなあと。ビッグ3たちがナイアガラとか利根川とか世界や日本を代表する滝や川だったとしたら、俺はいろんな人たちが水質検査をしてくれるプールの水だなあと。みんなが安心して入れるように、いろいろと構ってくれて、ちょっと汚れてきたら薬を入れて消毒してくれるとか。自分ひとりじゃ何も勝負できないかもしれないけれど、周りが構ってくれていることで、頑張れている気がします。

【ずん 飯尾和樹】
1968年12月22日生まれ。東京都出身。2000年、相方のやすとお笑いコンビずんを結成。コンビとしての活動以外にピンでも活躍。『 びっくりぃむ』(テレビ朝日系)や『マネースクープ』(フジテレビ系)など多数のバラエティー番組に出演。また子供番組『シャキーン』(NHK Eテレ)『メレンゲの気持ち』の「家族の歳時記」(日本テレビ系)などでナレーションも担当。俳優としても活動し、来春公開予定の関根勤初監督作『騒音 THE FIVE OYAJI』にも出演する。

撮影■田中麻以

関連記事

トピックス