• TOP
  • 芸能
  • プロ野球キャンプ 女子アナたちの「選手狩り」一足先に開幕

芸能

2015.02.09 11:00  週刊ポスト

プロ野球キャンプ 女子アナたちの「選手狩り」一足先に開幕

 プロ野球選手の結婚や熱愛の相手といえばテレビ局の女子アナというのが定番。キャンプインは女子アナと選手の恋の季節の始まりでもある。

 キャンプ2日目、巨人の球場に姿を見せたのはNHK随一のスタイルの良さで知られる杉浦友紀アナ(31)と、TBS『NEWS23』スポーツ担当で美脚と評判の古谷有美アナ(26)だ。2人とも元ミス上智大の才色兼備である。スポーツ番組ディレクターが明かす。

「2人は監督専用のスペシャルシートで原監督を挟んで座るだけでなく、競うようにベテラン、若手の選手たちに声をかけていた。男性記者の問いかけには答えない選手も、美人アナとなればニコニコと立ち止まっていた」

 ソフトバンクのキャンプで工藤監督に「青山ちゃん!」と声をかけられていたのがテレ朝の青山愛アナ(26)だ。地味な格好をしたスポーツ記者たちとは一線を画す白いコートに白いマフラーという格好で存在をアピール。注目の松坂大輔に熱視線を送っていた。

 フジテレビからは宮澤智アナ(24)が沖縄のヤクルト取材に出向いた。スポーツ紙担当デスクがいう。

「巨人のイケメン小林誠司捕手との熱愛が発覚したから、局側が配慮して、多くのメディアが集まるキャンプ初日は巨人のキャンプ地である宮崎を避けて沖縄取材にしたようです」

 昨年のキャンプでは、フジの“ミタパン”こと三田友梨佳アナ(27)が胸元の開いたカットソーの上にジャケット姿で西武のキャンプを取材していた。その後、金子侑司選手との交際に発展した。ある球団の広報担当者がいう。

「かつては女子アナが露出の多い格好で取材にきて、お客さんに与える印象が悪かったので、最近は服装に気を付けてもらっている。数年前、フジの平井理央アナ(32・現フリー)が短いスカートで西武の菊池雄星投手にインタビューして、問題になったことは有名です。最近はパンツにスニーカーが鉄則で、ジャージを着る女子アナも多くなっています」

関連記事

トピックス