• TOP
  • 芸能
  • 東京に拠点移した中山美穂 今は妹・忍が寄り添う

芸能

2016.07.24 16:00  女性セブン

東京に拠点移した中山美穂 今は妹・忍が寄り添う

 昨年秋、中山はツイッターで、《ひとりでいるほうがストレスないならそれがいい。一緒にいるけど浮気はするよ、なら言ってくれ》と苦しい胸の内を吐露した。

 さらに今年4月、渋谷のマンションに別の女性が出入りしていることが報じられ、破局は決定的に。「子供を手放してでも」と選んだ恋を清算するという、大きな決断だった。

「2つの別れ」を経て中山は、日本での芸能活動を再開。18年ぶりに生出演した昨年末のFNS歌謡祭では瞬間最高視聴率を記録し、3月には初舞台にも挑戦。そして今回、連続ドラマへの出演を決めた。そんな中山の隣に1人の女性がいた。

「都内に家を借りて引っ越したようですが、おひとりさま生活なのかと思いきや、最近は妹の(中山)忍さん(43才)と一緒のことも多いようです。忍さんは美穂さんの初舞台を見に行ったり、今年の美穂さんの誕生日に幼い頃のツーショット写真をインスタグラムで公開したり。忍さんは美穂さんの本格復帰を本当に喜んでいましたね。

 美穂さんの方も久々の東京での生活や仕事で忍さんを頼ることが多いようです。どちらかというと、自由奔放な美穂さんのことを、忍さんが“お母さん代わり”でお世話しているような感じですね(笑い)」(前出の知人)

 最近、姉の活躍と相まって、忍もバラエティー番組などに出演し、過去に1億円ヌード写真集オファーがあったことや、大物俳優と交際していたことを明かして話題になった。中山姉妹の新章が気になる。

※女性セブン2016年8月4日号

関連記事

トピックス