• TOP
  • 芸能
  • 騒動は収束へ 結局、ポスト・ベッキーは誰だったのか?

芸能

2016.12.12 07:00  NEWSポストセブン

騒動は収束へ 結局、ポスト・ベッキーは誰だったのか?

ポスト・ベッキーとしてさまざまな名前が浮上したが…

 今年の流行語大賞にも選ばれた「ゲス不倫」。年明けまず報じられたのは、ベッキーとゲスの極み乙女。の川谷絵音の不倫だった。清純派イメージのベッキーはダメージが大きくその後、すべての番組を降板した。それと同時に、テレビ業界では空席となったベッキーのポジションに誰がつくのか、ポスト・ベッキーに注目が集まった。多くの女性タレントの名前が取りざたされたが、ベッキー復帰から6か月経った今、改めて考えてみたい。結局、ポスト・ベッキーは誰だったのか? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 去る12月3日、ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんが最後のライブを終えて活動自粛に入った一方、ベッキーさんはインスタグラムで「デビュー18周年の記念日」であることを発表。偶然同じ日に重なったことで、「ついに2人の騒動が終了」というムードになっています。

 さらに7日、ベッキーさんが『LINE』のCMに出演することが明らかになりました。しかし、声のみの出演にすぎず、いまだレギュラー番組への復帰も果たせていません。1月のスクープから数か月間、芸能マスコミ・一般人を問わず「“ポスト・ベッキー”は誰だ?」という論争が巻き起こっていましたが、結局のところ誰だったのでしょうか。

 当初、同じハーフタレントのローラさん、マギーさん、SHELLYさん。バラエティー番組の常連である小島瑠璃子さん、指原莉乃さん、若槻千夏さん。同じ元気なキャラクターの佐藤栞さん、高橋みなみさん、清水富美加さんらの名前が挙がっていましたが、いずれも“ポスト・ベッキー”というポジションでの活躍はあまり見られません。

 実際にベッキーさんのレギュラー番組で実質的な代役を務めているのは、『人生のパイセンTV』(フジテレビ系)のオードリー・春日俊彰さんと、『にじいろジーン』(フジテレビ系)の清水富美加さんだけ。ともにMCを務めていたので、代役の起用が不可欠でした。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス