• TOP
  • 芸能
  • 松方弘樹さんの事実婚妻 自分で納骨希望、財産分与は難航か

芸能

2017.01.25 16:00  女性セブン

松方弘樹さんの事実婚妻 自分で納骨希望、財産分与は難航か

財産分与の難航が予想されている

 俳優の松方弘樹さんが1月21日、脳リンパ腫のため入院先の都内の大学病院で亡くなった。74才だった。

 気さくで豪放磊落な人柄は多くの人を惹きつけ、芸能界でも華やかな交友関係で知られていた。同い年でライバルだった北大路欣也(73才)、学生時代から親交のある里見浩太朗(80才)、同じ釣りが趣味だった梅宮辰夫(78才)など、親友と呼べる友人も多かった。

 が、松方さんのために豪壮な葬儀が執り行われることはなかった。友人たちのほとんどは、その悲報をニュースで知り、お別れを告げる機会もなかった。

「亡くなった2日後にひっそりと荼毘に付されたそうです。大スターにしては寂しい最期といわれるかもしれませんが、病室ではずっと一緒に暮らしてきた女性が付き添っていました。葬儀も彼女がひとりで取り仕切りました。松方さんが望まれたことだったのではないでしょうか」(松方さんの知人)

 松方さんの最期に寄り添った女性とは、女優の山本万里子(45才)だ。松方さんにとっては30才年下の「愛人」である。

 1968年に元モデルの女性と結婚して3人の子供をもうけたが、NHK大河ドラマ『勝海舟』(1974年)で共演した女優の仁科亜季子(63才)と恋仲になり、再婚。タレントの仁科克基(34才)と仁科仁美(32才)の2人の子供に恵まれた。愛人関係にあった元歌手の千葉マリア(67才)との間にも、認知した子供が1人いる。

 その後、1991年に山本さん出会い、交際がスタート。7年後の1998年に仁科と離婚し、それからは山本さんとの事実婚生活が続いた。

関連記事

トピックス