• TOP
  • 芸能
  • キャストのダンス、歌唱…多彩なドラマエンディングの狙い 

芸能

2017.02.18 07:00  NEWSポストセブン

キャストのダンス、歌唱…多彩なドラマエンディングの狙い 

 その他にも制作サイドが工夫を凝らしたエンディングを作る、3つの狙いがあります。

 1つ目の狙いは、視聴者に作品の世界観を印象づけること。たとえば、『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』(フジテレビ系、2014年)のエンディングは、ベッドシーンを想像させる過激な映像と、名曲『他人の関係』を重ねて、危うくセクシーな世界観を印象づけました。

 その他では、若手俳優がじゃれ合う姿を映した『木更津キャッツアイ』(TBS系、2002年)、夏の景色と水着の高校生が爽やかな『ウォーターボーイズ』(フジテレビ系、2003年)、原作者本人の写真と文章で涙を誘った『1リットルの涙』(フジテレビ系、2005年)。古くは、小泉今日子さんの『学園天国』に爆笑NG集をかけ合わせた『愛しあってるかい!』(フジテレビ系、1989年)、森田童子さんの哀しげな歌声が印象的な『高校教師』(TBS系、1993年)も作品の世界観を印象づけていました。今期の中では、『お母さん、娘をやめていいですか?』(NHK)のエンディングが、ウエディングドレスを着たマネキンが、ホラーのような作品の世界観を物語っています。

 面白いのは、作中の世界観が強烈な作品ほど、中和する意味合いで真逆のエンディングを用意すること。たとえば、『女王の教室』(日本テレビ系、2005年)は作中の殺伐としたムードから一転して、エンディングは天海祐希さんの楽しげなダンスが見られました。「シリアスな作品は、エンディングでホッとさせる」「病気などの暗いキャラクターは、エンディングで明るい姿を見せる」など衝撃を薄めることで「視聴者の気持ちをフォローしよう」という意図が見えます。

◆演出家の力を見せつけるご褒美の場

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス