芸能

「第二の小林麻耶」になれるか? 寺田ちひろアナに注目

『news every.』の新しい顔・寺田ちひろ(公式ブログより)

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、新しい“夕方の顔”寺田ちひろアナにクローズアップ。

 * * *
 昨年、何かと話題を振りまいた伊藤綾子が『news every.』(日本テレビ系)を卒業した。同局夕方の『NEWS リアルタイム』を含めると、実に10年も“夕方の顔”を務めたことになる。

 地方局の女子アナ出身ならではの“前のめり感”たっぷりな雰囲気や、関わった人物との距離が他者に比べて“近い”という特徴もあり、そこが男性スタッフや共演者から勘違いされてしまったことも…。

 日テレの若手の女子アナからも「男性スタッフから『少しは綾子さんのように女らしくしろ』と言われる」「巨人軍の選手の皆さんからも『綾子さんを紹介してほしい』と頼まれる」などと、褒めているのかディスっているのか(!)よくわからない“評価”を度々聞いたものである。

 そんな伊藤の後任として、新年度から『news every.』の“カルチャー”を担当しているのが寺田ちひろ。伊藤と同じくセント・フォース所属の29歳だ。

 彼女が初登板した4月3日にTwitterを検索したところ、「うれしい」「やっぱり、かわいい」などと女子アナファンから歓喜の声があがっていた。

 彼女の特徴は、なんといっても抜群に愛らしいルックスと、華奢なボディ。さらには、男性の多くが「守ってあげたくなる」ような愛らしいキャラクターにある。

 実は私はある時期から「第二の小林麻耶」として寺田ちひろに注目していたのである。

 ’13年の12月末、『からだにいいこと』という美容健康雑誌で、フリーの人気女性キャスターが連続で登場するタイアップページのホステスを務めた私。

 初回は中野美奈子、2回目に小林麻耶と、押すに押されぬ人気者が続き、その後、八田亜矢子も予定されていた中に「寺田ちひろ」の名前があった。

 ちなみに中野美奈子は“シンガポール”というネタがあり、TBS退社後、一気に自分の時間がもてるようになった小林麻耶は、「ハマっている」というゴルフと、ゴルフをベースにしたエクササイズの話をたっぷりしてくれた。

関連記事

トピックス

北青鵬、白鵬
北青鵬の暴力問題で宮城野親方に“師匠剥奪”の厳罰 大横綱・白鵬が歩む「大横綱・貴乃花の辿った道」
NEWSポストセブン
削除された中川安奈アナの“バーでの写真投稿”(本人のインスタグラムより)
《赤ら顔・ノースリーブは削除》NHK中川安奈アナ「こっそり消したインスタ写真」に共通する「不適切」の線引き【局に見解を直撃】
NEWSポストセブン
「バーレスク東京」で圧倒的な人気を誇るダンサー・もも
SNS総フォロワー150万人「バーレスク東京」No.1ダンサー・もも “濡れた舞姫”魅惑の表情
週刊ポスト
『王様戦隊キングオージャー』は2024年2月25日の放送で最終回を迎える(c)テレビ朝日・東映AG・東映
【神回連発の特撮】『王様戦隊キングオージャー』脚本・高野水登が明かした“掟破り”の演出術「壊してやろうみたいな気持ちはないんですよ」【連載・てれびのスキマ「テレビの冒険者たち」】
NEWSポストセブン
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
4・28補選の細田博之前衆院議長“弔い合戦”で自民候補が想定外の伸び悩み 竹下登、青木幹雄の「保守王国・島根」が崩壊する
NEWSポストセブン
堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
表情豊かな阿部サダヲ(時事通信フォト)
『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの「コンプラ度外視」発言は「令和の新しい毒舌」、カタルシス効果で共感呼ぶ
NEWSポストセブン
イメージカット
妻を激怒させる「スイッチ」 昭和なジェンダー意識にご用心!
NEWSポストセブン
『めざましテレビ』で人気を集めた高島彩
【500人アンケート】フジテレビ歴代最高の女性アナランキング 『めざましテレビ』MCがトップ3に
週刊ポスト
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン