• TOP
  • 国内
  • ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】

国内

2017.06.07 18:31  NEWSポストセブン

ネットの反差別運動の歴史とその実態【1/4】

◆「反差別界隈」は反差別でもなんでもない

 反差別界隈は、アイドルグループ・欅坂46がナチスの制服に似たコスチュームを着用した際、米のユダヤ関連団体であるサイモン・ウィーゼンタール・センターに通報。さらには「反差別統一戦線東京委員会」というツイッターIDが、外国人記者及びメディア、各種人権団体等600以上の個人・組織に次々とツイッターでメンションを送り、国際問題化を試みた。2016年11月1日、欅坂46の総合プロデューサー・秋元康は、これに対して以下のように謝罪している。

〈ニュースで知りました。ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした。スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています。再発防止に向けて、すべて事前にチェックし、スタッフ教育も徹底して行いたいと思います〉

 そして「反差別統一戦線東京委員会」は、「この件は秋本康が五輪組織委員会理事であることも含め、IOCを巻き込んで大炎上させる必要があります」(原文ママ)とツイート。「反差別統一戦線東京委員会」は、アパホテルが南京大虐殺はなかった、とする書籍を部屋に置いていたことがアメリカ人観光客の動画投稿により拡散した際も「アパとレイシストの件、ヨーロッパの記者180名に通知完了。米向けは21:00頃に再開します」とやっていた。日本国内の差別案件に敏感で、得意の英語とフランス語を駆使して海外に拡散させることに長けた人物なのである。

 となれば、今回の件も「反差別統一戦線東京委員会」は黒人団体に通報すべき案件だろうが、結局は「お仲間」なので通報はしない。彼らが重視するのは「何を言うか」よりも「誰が言うか」なのだ。野間もBuddyLeeも「反安倍政権」という立場で一応は考え方が似ているだけに味方認定をし、こうした差別発言、人権侵害扇動があってもだんまりを決め込む。明確な二重基準を持っているのだ。なお、この件で野間はBuddyLeeを切るようなツイートをし、BuddyLeeは慌てて取り繕うようなツイートをして「謹慎」を解いた。

 と考えれば、野間も含めた「反差別界隈」は反差別でもなんでもない。彼らは単に反安倍政権派であり、糾弾マニアであり、「反差別」は糾弾をする正当性を与える印籠でしかなかった、ということだ。すでに化けの皮はここ数年剥がれてきてはいたものの、一応「ヘイト認定」「レイシスト認定」を食らった側は彼らの認定の前には「グヌヌヌヌ」と臍を噛むしかなかったので、今ここで彼らの実態を淡々と紹介しよう。

 何しろ、ヘイト認定・レイシスト認定をくらうと一斉に反差別界隈から罵詈雑言が寄せられるのである。これを経験した人は案外多いだろう。かくいう私も彼らからはレイシスト認定をくらっている。結局彼らは気に食わない人間をレイシストだと認定し、気に食わない発言や行動をヘイト認定するだけなのだ。そうした実例については本稿で紹介していく。

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス