• TOP
  • 芸能
  • 春ドラマ最終回 「最強の見世物」と化した『小さな巨人』

芸能

2017.06.24 16:00  NEWSポストセブン

春ドラマ最終回 「最強の見世物」と化した『小さな巨人』

長谷川博己の演技に高評価

 今クールの春ドラマ、最も強いインパクトを残したのはどの局、どの作品だったか。ドラマウォッチを続ける作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が総括した。

 * * *
 春ドラマがたて続けに幕を閉じ、「……ロス」と口走ってしまう頃。難役に立ち向かった俳優、強烈なメッセージ性、テーマの是非をめぐってカンカンガクガクと、見所がたくさんありました。最終回とは、いわばドラマのエッセンスが凝縮している回。ということで3つのラストに注目。輝きを放っていたワケをあらためて振り返ってみると……。

●『リバース』 人生の苦さを、正面から噛みしめる姿に浄化される

 湊かなえ原作のドラマ『リバース』は、10年前の親友の死をめぐるドラマ。単なる犯人捜しや謎解きストーリーを超えて、堂々たる「人間ドラマ」として着地しました。親友の広沢(小池徹平)を事故死で失った深瀬(藤原竜也)は、いったいなぜあの時彼が死ななければならなかったのか、問い続ける。一つ一つ、不器用に過去を問い返していくうちに、受け入れ難い罪が顔をのぞかせてきて……。

 人の暗部をえぐり後味が悪く嫌な気分になる「イヤミス」。湊かなえのミステリー作品はそう呼ばれてきました。しかし今回のドラマは、違う。何より、最終回が原作者の手によって新たに書き下ろされた。この斬新なチャレンジ、大いに評価されていいのでは。そして、見ている人の心が浄化されていく深遠な魂の再生ミステリーとなって幕を閉じた。透明感漂う「イイミス」に、昇華していったのです。

 原作小説は「誰が殺したのか」の解き明かしで終わる。しかし、ドラマの最終回は、罪を背負う人間への深い観察が。

 人の人生を変えてしまった行為について、つぐなうことはできるのか。過去を抱えて生きていくとは、どういうことか。とても繊細で難しいテーマですが、市原隼人、三浦貴大、玉森裕太、片平なぎさら役者たちの力演も素晴らしく、人間を掘り下げていく迫力がありました。

 絶望だけではない。「人は常に誰かと何かを交換しながら生きている」というセリフも印象的。希望の光もさした。絶望と希望。人間に対する深い洞察と愛情が静かに強く響きわたった素晴らしいラストでした。

●『あなたのことはそれほど』 予定調和をぶっ壊す破壊的な着地

「ゲスW不倫」のテーマで話題を振りまいた『あなそれ』。不倫を巡って混乱する二組の夫婦。最終回はいったいどう着地するのかと、視聴者の好奇心は揺さぶられ、視聴率は自己最高値14.8%(関東地区)、関西地区では何と17.8%に達しました。

 ドラマのテーマは恋愛・結婚。動物的感性でつっ走るのか、それとも大人の判断で生きるのか。「それほど」でもない人との結婚生活についての「本質的な問いかけ」が潜んでいたからこそ、ここまで注目を浴び話題となったのではないでしょうか?

コメント 0

SNSでNEWSポストセブンをフォロー

  • LINE:友だちに追加
  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

関連記事

トピックス