「翌々日の特別国会初日に首班指名を受け、さっそく組閣。しかも、直後にはトランプ米大統領の来日も控えていて、超多忙なタイミングでした。普通なら、展覧会に行っている時間的な余裕はありません。それでも、“香取さんとの共演のために”無理してでも足を運んだんです」(全国紙政治部記者)

 安倍首相はわざわざその日のフェイスブックに香取とのツーショットを掲載している。それほどまでに、なぜ香取に会いたかったのか。

「展示会を主催する日本財団は、2020年の東京パラリンピックの有力後援団体です。財団は香取を“パラ五輪の顔”にしようとしています。財団の会長や関係者が、香取の才能に惚れ込んでいるのだそうです」(五輪関係者)

 実は、安倍首相も“東京五輪は自分が主導する”と強く意気込んでいるという。

「首相を辞めた後、『五輪・パラリンピック組織委員会』会長の座を狙っているのでは。財団や香取と関係が深ければ有利に働きますから、今のうちに会っておきたかったのでしょう」(前出・記者)

「アイドル」から「発信力のある文化人」への転身。パラ五輪の顔を務めるということは、それだけの“政治力”を持つことも意味する。

「たとえば、小池百合子東京都知事(65才)と共演するのは確実ですし、各界の有力者がこぞって香取さんと会うことになるでしょう。彼がプロデュースするパラ五輪関連イベントも少なくないでしょうし、影響力はますます強まるでしょうね」(前出・記者)

 3人が描く地図は、果てしない。

※女性セブン2017年11月16日号

関連記事

トピックス

デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
鮎川さんと陽子さん。談笑するふたり(2022年5月撮影)
「シーナ&ザ・ロケッツ」鮎川誠さん、最後のバースデーライブで見せていた元パリコレモデル娘との“ひととき”
NEWSポストセブン
頻繁な社長交代が経営にどう影響するか(フジテレビ本社)
《速報》伝説の番組『オールナイトフジ』が4月から32年ぶり復活へ 司会に内定した「売れっ子芸人」の名前
NEWSポストセブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン