生番組に強い芸人でもある。なにせ相方は、視聴者がドキッとするようなスレスレのボケが真骨頂の芸人。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が出演中のAbemaTV『72時間ホンネテレビ』の中でも、久々の共演が嬉しくて仕方がないのか、さまざまな人物名を出して暴走する太田に、「やめろよ!」「いい加減にしろ!」「しつけーよ」などと、おなじみのツッコミを連発する田中だったが、よくよく聞いてみると、その直後に太田のボケを繰り返し、その意味を解説してみたり、固有名詞に“さんづけ”をしたりと、フォロー役に徹しているのである。

 さらに、カンニング竹山、メイプル超合金、バービー、橋下徹氏らとパターゴルフに挑戦するコーナーでは、ゴルフの知識がそうはないであろう女性視聴者にもわかるように細かい説明をしたり、いわゆる“裏まわし”に励む田中。ちなみに田中は、大の野球ファンでもあり、プロスポーツにも精通しているのである。

 プライベートでは、“再婚同志”の山口もえと結婚し3児のパパとなり、そのイクメンぶりも女性視聴者から高い評価を得ている田中。筆者は放送作家として爆笑問題とは古くから仕事をしているが、昔から、山口もえを始めとした共演女性からの相談に真摯にのる田中の姿をよく見てきた。彼女イナイ歴は長いが、女性との接し方はわかっていて、気が利くし、優しくて、女性タレントからの人気は元々とても高い男だった。

 そうした気配りや優しさ、生放送で自分がどう振る舞えば、番組がスムーズに、面白く展開していくかが、もっとも身についている芸人。それが爆笑問題の田中裕二なのである。

 そして、太田光という猛獣が安心して暴れられるのも、静かにさせるツボを心得ている田中が居るからこそだ。それをわかっていらしたのか、まだ、その魅力が世間に知られていない頃から、「田中を絶対に手放しちゃいけない」と大田に何度も説いていたのは。多くの若手や中堅芸人を適切なアドバイスですくい上げたことでも有名で、太田が尊敬してやまない立川談志さんだった。

 5日、『サンデージャポン』で明かされるであろう吉田明世アナの“その後”も含め、好感度急上昇の田中裕二の“アナウンス力”を堪能したいものである。

関連記事

トピックス

別宅で暮らし続ける芝翫
【中村芝翫、度重なる不倫騒動】舞台で共演“既婚者の大物女優”と親密だった疑惑、妻・三田寛子の抗議で交際解消か
女性セブン
杉咲花
【ファッション上級者】杉咲花と若葉竜也「私生活はゆるふわシャカシャカ」お似合いカップルコーデ「実は超有名ブランド」
NEWSポストセブン
笹山なつき容疑者(21)
《プライベートでも悩み》園児切りつけ21才保育士、「明るく元気で弟思い」の彼女が“病み”投稿連発で凶行に至った「家族を支えなきゃ」のプレッシャー
NEWSポストセブン
森香澄
森香澄、高度に作り込まれた“あざといキャラ”でバラエティー評価上昇中 妨げになるのはリアルな“熱愛発覚”
NEWSポストセブン
被害者の平澤俊乃さん、和久井学容疑者
【新宿タワマン刺殺】和久井学被告が接近禁止命令の後も続けていた「ネット・ストーキング」 被害者女性のライブ配信での一言で殺害決意か
週刊ポスト
中村芝翫と三田寛子
「もうインスタの投稿をやめてくれないか」4度目不倫の中村芝翫が妻・三田寛子に呈していた苦言の裏にある「本当の意図」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
並々ならぬ上昇志向でのし上がってきた2人の女傑(写真/共同通信社、時事通信フォト)
小池百合子氏vs蓮舫氏「似た者同士の東京都知事選」 元都知事、元副知事、元側近ら“蹴落とされた男たち”が語る2人の「怖さ」と「権力欲」
週刊ポスト
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
9年ぶりにドラマ出演をはたした吹石一恵(時事通信フォト)
吹石一恵、9年ぶりドラマ出演で「ビキニ写真集」が売り切れに 本格復帰ならさらに高騰か
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 小池百合子vs蓮舫「ものすごい権力欲」ほか
NEWSポストセブン