芸能

最新芸能記事のRSS

高須院長 韓国の慰安婦問題再交渉は「無視すればいい」

2018.01.06 07:00

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は2018年の日本と朝鮮半島との関係について、ご意見をうかがいました。

 * * *
──あけましておめでとうございます。さて、2018年ですが、どうしても気になってしまうのが北朝鮮情勢です。金正恩・朝鮮労働党委員長は新年の挨拶で自分の机の上に核ミサイルの発射ボタンが置かれていると話しました。

高須:分かりやすい挑発だ。そりゃあトランプ大統領だって「オレの机の核ボタンのほうが強力だ」なんて反撃もするよ。ここで黙ってしまうのは、舐められたままで引っ込むのと同じだからね。

──そういった挑発の応酬の末には、実際の戦争が待っているのでしょうか?

高須:この挑発合戦がそのまま戦争になるということではないと思う。緊張状態とはいいつつも、北朝鮮にしたって実際に攻撃をするにはリスクが大きすぎる。アメリカだって戦争にならないほうがいいに決まっている。とりあえず舌戦を繰り広げているという感じなんだろうね。まだまだ、戦争にリアリティーを感じている状態ではないんじゃないかな。

 でも、だからといって何もしないでいいということではない。戦争が起きてしまうかもしれないということをしっかり想像しておく必要はある。もしも日本が攻撃されたらどうするべきなのか。日本政府、そして日本人はどういった態度で敵国と対峙すべきか。そういうことを無視するのは、いつかやられる時を待っているのと同じこと。攻撃された時に反撃できるようにする必要はあるし、あるいは攻撃されないようにすることも考えなくてはいけない。

──元旦に放送された『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)では漫才コンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、もしも攻撃された場合、自分なら降伏するという主旨の発言をして話題となりました。つまり、「非武装中立」が理想であるという意見です。

高須:年末の『THE MANZAI』での時事ネタが面白かったから絶賛したのに、実はそんな意見を持っていたって知ってガッカリしたよ。しかも、沖縄は日本が中国から取ったものなんていう発言もしていて、ただの無知な男だったのか…と本当に残念な気持ちになってしまった。

 でも、村本くんはその後ツイッターで、「殺されてもいい」という発言を訂正していたんだよ。攻撃し返すのは嫌だから、とにかく逃げまくるという考えのようだ。そのツイートを見て、安心したよ。「正気に戻ったな」ってね(笑い)。

本文を読む



マネーポスト不動産売却 NPSアプリで読めます NO! 海賊版・違法サイト
TOP