連載・シリーズ

連載・シリーズ一覧を見る

時々やってくる「ジャニーズの異端児」風間俊介ブーム

2018.05.09 07:00

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、「ジャニーズの異端児」風間俊介に注目。

 * * *
 誰が言ったか、「ジャニーズの異端児」風間俊介の活躍がこのところ、また目覚ましい。

 フジテレビの春の大改編の一本、『林修のニッポンドリル』のレギュラーメンバーである風間は、初回収録後に行われた記者会見にて、その機転のきき方と抜群のトークセンスを林先生と千鳥ノブから絶賛されている。ノブによれば「風間くんだけプロデューサーからインカムで言わされてるんじゃないかと思った」と。林先生は、ジャニーズ所属のアイドル・風間が、ここまで的確なコメントを連発することに心から驚いたようだ。

 風間は、「ウチの事務所の荒波に揉まれて来たからかな?」とスレスレの返しをして、そこはもちろん、ネットニュースにあがっていた。

 風間俊介のトーク力に私が注目し、コラムなどで度々書かせてもらっていたのは、16~17年前のこと。彼がMC的存在だった『裸の少年』(テレビ朝日系)を見ていた頃だった。

 後輩のジャニーズJr.がワチャワチャしていた深夜時代を経て、土曜の夕方に枠移動してからは、グルメ番組(スタッフは、Jr.への食育番組だと言っていた)として、有名料理人や料理評論家ら“食の7賢人”とJr.がロケに出るスタイルに変わった。

 年配の7賢人と年下のJr.の間に入って、テンポ良く、しかもジョークも交えつつ、番組を仕切ることが多かったのが風間である。

 それよりも前、『3年B組 金八先生』(TBS系)で、羊の皮を被った狼のような生徒役を好演したのも印象的だったのだが、バラエティーの放送作家としては、風間のトーク力のほうが目についたのは確かである。

 その後、取材などで何度か彼の話を聞く機会に恵まれたのだが、風間はとてもプライドが高く、ジャニーズでありながら、進んで外部の舞台に出演するような面があった。

 ジャニーズの演目とは異なり、外部の舞台では発表会見からして彼がことさらフィーチャーされることは少ないし、たとえ主役であっても、脇役を盛り立てるような言動をする風間。そんな彼に対し、仲良しのタレントからは、「だからダメなんだよ」と言われることがあったそうだ。それは“愛ある激励”だったと思われるが、それをどこか誇らしげに語る風間がいた。

 明らかに独自路線であり、ドラマも曰く“前科30何犯”と、毎度、犯人役。その最たる罪状は『それでも、生きてゆく』(2011年7月期・フジテレビ系)ではなかったか。

 だが、その猟奇的な演技が多くのクリエイターの目に留まることになる。そのなかの一人、脚本家の遊川和彦氏が「朝ドラを壊す」と言って書き下ろした2012年度下期の連続テレビ小説『純と愛』(NHK)で、風間がヒロイン・夏菜の恋人役(のちに夫役)として抜擢されたのだ。

本文を読む

連載・シリーズ

マネーポスト不動産売却 NO! 海賊版・違法サイト
TOP