スポーツ

2022年カタールW杯の日本代表もこんなに期待できる!

◆外国人監督なんていらない

 久保建英と合わせて“W久保”と呼ばれるFW・久保裕也(24・ヘント)はハリルホジッチ前監督時代、A代表の招集経験を持つ。

「ベルギー1部の所属チームでは不慣れなポジションでの起用ながら、2シーズン連続で2桁得点を達成している。W久保のどちらが“A代表のエース”となるか、今から楽しみにしている関係者は少なくない」(同前)

 久保裕也と同様、ハリル解任の結果、ロシアW杯のメンバーを外れたMF井手口陽介(21・レオネサ)やFW中島翔哉(23・ポルティモネンセ)も4年後は脂がのり切った時期を迎える。

「今回、代表に選ばれたMF大島僚太(25・川崎F)や昌子源(25・鹿島)、植田直通(23・鹿島)らがロシアでの経験を新生代表に持ち込めるか。本来は大島にキャプテンになって東京五輪世代を引っ張ってほしいところだが、大人しくてやや不向き。主将の人選は考えどころでしょう」(財徳氏)

 監督は誰になるのか。釜本氏は「日本人監督で行くべきだ」と語る。

「何億円も積んで外国人監督を連れてくるよりも、コミュニケーションがしっかり取れる日本人監督を起用し、浮いたお金で若い選手に経験を積ませればいい。適任は東京五輪も率いる森保一U-23日本代表監督だ。広島の監督として3度のリーグ優勝の実績もあるし、ドーハ組でW杯予選の怖さもよく分かっている」

 4年後のチーム、なんだかうまくいきそうな気がしてきたぞ!

※週刊ポスト2018年6月29日号

関連記事

トピックス