『義母と娘のブルース』の原作は、桜沢鈴さんの同名4コマ漫画。33才で金属関連会社の営業部長にのしあがった綾瀬演じるエリートキャリアウーマン・亜希子が、先妻と死別した男性と結婚し、突然小学生の娘・みゆきの義母となる。世間の母や主婦とは、どこかズレている亜希子の奮闘をコミカルに描いた作品だが、「最後の1コマで泣かずにはいられない感動作」と評判だ。

「不器用なキャリアウーマンが家事や育児をするって、今の時代をちゃんと切り取っていると思うんです。働く女性たちの“わかるわかる”というポイントがおさえられれば、『逃げるは恥だが役に立つ』(2016年・TBS系)のような社会的ブームになるかも」(吉田さん)

『ブラックペアン』、『陸王』など、数々の人気作品が放送されたTBS日曜劇場の今クールの枠は、こうの史代さんの同名漫画が原作の『この世界の片隅に』(TBS系)だ。戦時中の広島を舞台に、嫁ぎ先で一生懸命に生きる女性・すずを描いたこの作品は、昨年アニメ映画化され、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞など映画賞を総なめにしたため、記憶している読者も多いだろう。ドラマ化に注目するのはドラマ評論家の成馬零一さんだ。

「原作に忠実になると思いますが、映画にはなかった現代パートもあるようなので、どう差別化していくのかが楽しみです。戦時中の風景や軍艦をCGで再現するのは限界があるかと思いますが、頑張ってほしいです」(成馬さん)

 続けて、成馬さんは『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)にも期待する。『週刊ビッグコミックスピリッツ』で連載中の柏木ハルコさんの同名漫画が原作だ。

「主人公のえみるが生活保護にかかわる仕事に就くことで、生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにします。原作が非常にしっかりしているので、安心して見られそうかなと。ただ、えみる役の吉岡里帆さん(25才)は脇役の方が光る印象。今回が“主演女優”の看板を掲げられるかどうかの正念場かも」(成馬さん)

※女性セブン2018年8月2日号

関連記事

トピックス

スキンヘッドの渋谷容疑者(2006年に行われた会見)
《一夫多妻の白いハーレム》近隣住民が目撃した、元占い師の逮捕現場一部始終「有害物質が出ているから窓を閉めて!」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れる女性(SNSより)
【若い女性が調味料混入】スシローで今度は「甘ダレウィズソイソース」騒動 迷惑動画相次ぐ“TikTokとインスタの闇”
NEWSポストセブン
和久田麻由子アナ
和久田真由子アナ「4月復帰」は異例の早さ 昨年のNHKアナ「101人大異動」が影響か
NEWSポストセブン
芸能界復帰へ期待の声が上がるほしのあき
ほしのあき“奇跡の45歳”でグラビア復帰へ期待の声 ママタレとしても高いニーズか
NEWSポストセブン
“妻”を侍らせる渋谷容疑者(『週刊ポスト』2006年2月10日号より)
《一夫多妻ハーレム生活の全貌》逮捕された元占い師(74)が過去に明かしていた「求めている女性がいれば、その女性と」
NEWSポストセブン
甘だれに醤油を入れた女性(SNSより)
【迷惑行為動画】渋谷のZ世代はどう思うのか「刑事と民事ってナニ?」「少年法で守られる」の声 河野大臣の声は届かない
NEWSポストセブン
中学の体育祭では応援に熱中する小島
小島瑠璃子「卒アル」コメントが現実に 中国留学直前で両親に贈っていた「5000万円」の“置き土産”
NEWSポストセブン
名古屋・錦に帰ってきたエンリケ
【本人激白】古巣・名古屋に戻った“伝説のキャバ嬢”エンリケ「無銭飲食事件」から「再婚願望」までのすべて
NEWSポストセブン
三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン