• TOP
  • 国内
  • 「戦後歴代最低の総理大臣」調査、3位は鳩山由紀夫氏

国内

2018.08.06 16:00  週刊ポスト

「戦後歴代最低の総理大臣」調査、3位は鳩山由紀夫氏

 ランキング上位の顔ぶれを見ると、民主党の3人を含めて、総理になる準備、権力の正しい使い方を身につけていたとは思えない政治家が目立つ。安倍首相に決定的に足りない総理の資質もそこだ。東京新聞の望月衣塑子記者が語る。

「モリカケ疑惑では行政の不正は明らかなのに、安倍首相は何も調査しようとしない。つまり、国民に向き合おうとしないのです」

 自民党総裁選で問われているのは、「総理大臣の権力の使い方」であり、国民は自民党議員たちが総理の権力をチェックすることができるかを注目している。

※週刊ポスト2018年8月17・24日号

関連記事

トピックス