• TOP
  • 芸能
  • 『報ステ』復帰の徳永有美、夫・内村も含め後押し態勢確保

芸能

2018.08.27 07:00  女性セブン

『報ステ』復帰の徳永有美、夫・内村も含め後押し態勢確保

復帰には夫・内村の後押しも(写真/ロケットパンチ)

 8月8日、『報道ステーション』(テレビ朝日系)の10月からの新キャスターに、元同局アナウンサーの徳永有美(43才)の起用が発表されると、テレ朝内がざわめいた。それは、徳永アナがキャスターから退いた理由に原因がある。

 徳永アナは1998年にテレ朝に入社し、2001年に同期入社のディレクターと結婚。しかし2003年4月、『内村プロデュース』で共演していた内村光良(54才)との不倫が発覚。

 その影響で、徳永アナは『内村プロデュース』のみならず、キャスターを務めていた『スーパーモーニング』も降板。同年9月には夫と離婚し、半年後、『報ステ』で復帰したが、2005年に内村と結婚すると、ケジメをつける形でテレ朝を退社した。

 徳永アナはなぜこのタイミングで『報ステ』を引き受けたのか。

「内村さんはレギュラー番組6本にCM2本を抱える超売れっ子。収入は充分なはずです。下の子は幼稚園で、まだまだ手がかかる時期。復帰の必要性も感じないし、タイミングとしても疑問を感じます」(芸能関係者)

 10月からの徳永アナの生活は目が回るような忙しさだ。

 生放送の報道番組は事前に綿密な打ち合わせが必要なため、他の番組以上に拘束時間が長い。昨年1月から徳永アナがキャスターを務めるインターネットテレビ・Abema TVの報道番組『けやきヒルs’ NEWS』の放送は正午からだが、徳永アナは夫や子供の朝食、お弁当を作ってから朝8時にスタジオに着いているという。さらに、

「『報ステ』は事前打ち合わせのため夕方には局入りします。23時頃に『報ステ』放送を終えると、反省会などもあって帰宅は日付が変わってから。同番組のメインキャスターの富川悠太アナ(41才)は早朝まで残っていることもあります。徳永さん、今はお弁当の準備などで、朝4時起きの日もあるそうです。ニュースの勉強時間も考えるとほとんど寝る暇はなくなるでしょう。それでもオファーに応えたんですから、相当な覚悟を感じます」(別の芸能関係者)

 過去の不倫スキャンダルは蒸し返され、子供と過ごす時間も減る。多忙な夫を支えるのも難しくなる。それでも徳永アナの背中を押したのは、夫の内村だったという。

関連記事

トピックス