芸能

宮沢りえ、安藤サクラ 希林さん告別式での喪服姿

ブーツを合わせたユニークな喪服ファッションのりえ

 9月30日、東京・光林寺で樹木希林さん(享年75)の告別式が開かれ、たくさんの“おくりびと”が訪れた。

 娘婿である本木雅弘(52才)は、樹木さんが今春余命宣告を受けていて、「内田家の墓がある寺を下見に訪れていた」と話した。

 体調不良の父・内田裕也(78才)の代理で喪主を務めた内田也哉子(42才)は、「母の書庫から一通のエアメールを見つけ、“俺の夢とギャンブルで高価な代償を払わせていることはよく自覚しています。メシ、この野郎、てめぇ。でも本当に心から愛しています”と書かれていたことに、許しがたい父と母のあり方へのわだかまりがスーッと解けていくのを感じたのです」と涙ながらに明かした。

 家族から次々と明かされる秘話に葬儀に駆け付けた錚々たるスターたちも、もらい泣き。天国へ旅立つ樹木さんを盛大におくった。

【参列者から一部紹介】

・吉永小百合
第2次世界大戦で亡くなった画学生の絵画を展示する美術館『無言館』を通して樹木さんとつながりがある吉永小百合。「何気なく、大事な人助けとか、平和に対すること、ヒョイとやれちゃう」とかつて語っていた。

・安住紳一郎
テレビ番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で追悼企画を放送したところ話題に。司会者として樹木さんの自宅を訪問したり、市原悦子(82)と一緒に旅行した安住紳一郎も思い出に浸って…。

・岸本加世子
富士フイルムのCMなどで共演した岸本加世子。「ずっと希林さんにくっついて、毎日怒られて、毎日かわいがられ…。とにかく結婚しろ、貯金しろと…。結婚できませんでしたけど…」と目を伏せた。

・浅田美代子
「師であり、母であり、姉であり、友達でもあるので、メソメソしていると怒られそう。携帯の留守電メッセージも取っておきます」と、1973年の自身のデビュー作以来の仲の浅田美代子。

・萬田久子
チュニックスタイルのワンピ、帽子にベールをつけ、フィッシュネットのストッキングをはき、クロコダイルのケリーバッグを持った萬田久子の弔問スタイルは、あくまでもファッショナブル。

・宮沢りえ
V6の森田剛(39)と再婚し、幸せな家庭生活を送っている宮沢りえ。ゆったりしたワンピにローヒールのアンクルブーツを合わせたユニークな喪服ファッションで…。

・安藤サクラ
映画『万引き家族』で共演し、「こういう役者がたくさん出てくるといい」と絶賛し、以来、娘のように接していた安藤サクラ。40年来の親交があり、2か月前にもNYで会ったジョン・レノン未亡人のオノ・ヨーコさん(85)からの手紙を代読した。

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス

テレビ局の枠に収まらないキャラ(Instagramより)
【異色の転身】テレ東・森香澄アナが退社へ 今後は「あざとカワイイ系インフルエンサー」に
NEWSポストセブン
入社して3~4年目ぐらいは苦しんでいたと明かしたフジ宮司愛海アナ(写真/ロケットパンチ)
フジ宮司愛海アナが初めて明かした「パンへの執着」「4年の苦悩」 逆転を生んだ現場取材魂
週刊ポスト
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫報道 「広島でスキャンダルが相次ぐ理由」とは
NEWSポストセブン
離婚を発表した島袋と早乙女
島袋寛子が離婚、元夫・早乙女友貴とのインスタ写真激減で心配されていた「不穏な投稿内容」
NEWSポストセブン
草なぎ剛を目撃
草なぎ剛「コロナ感染で休んだお詫びに」このご時世あり得ない太っ腹プレゼント
NEWSポストセブン
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
ミタパン、フジ退社で”第2のアヤパン”に? 「報道番組の看板アナ」として争奪戦必至
NEWSポストセブン
ヒロド歩美アナ
ヒロド歩美アナが電撃退社へ、浜田雅功お気に入りアナウンサーが「もっと幅広く活動したい」と苦渋の決断
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
不倫疑惑の広島・小窪哲也コーチ
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン