芸能

宮沢りえ、安藤サクラ 希林さん告別式での喪服姿

ブーツを合わせたユニークな喪服ファッションのりえ

 9月30日、東京・光林寺で樹木希林さん(享年75)の告別式が開かれ、たくさんの“おくりびと”が訪れた。

 娘婿である本木雅弘(52才)は、樹木さんが今春余命宣告を受けていて、「内田家の墓がある寺を下見に訪れていた」と話した。

 体調不良の父・内田裕也(78才)の代理で喪主を務めた内田也哉子(42才)は、「母の書庫から一通のエアメールを見つけ、“俺の夢とギャンブルで高価な代償を払わせていることはよく自覚しています。メシ、この野郎、てめぇ。でも本当に心から愛しています”と書かれていたことに、許しがたい父と母のあり方へのわだかまりがスーッと解けていくのを感じたのです」と涙ながらに明かした。

 家族から次々と明かされる秘話に葬儀に駆け付けた錚々たるスターたちも、もらい泣き。天国へ旅立つ樹木さんを盛大におくった。

【参列者から一部紹介】

・吉永小百合
第2次世界大戦で亡くなった画学生の絵画を展示する美術館『無言館』を通して樹木さんとつながりがある吉永小百合。「何気なく、大事な人助けとか、平和に対すること、ヒョイとやれちゃう」とかつて語っていた。

・安住紳一郎
テレビ番組『ぴったんこカン・カン』(TBS系)で追悼企画を放送したところ話題に。司会者として樹木さんの自宅を訪問したり、市原悦子(82)と一緒に旅行した安住紳一郎も思い出に浸って…。

・岸本加世子
富士フイルムのCMなどで共演した岸本加世子。「ずっと希林さんにくっついて、毎日怒られて、毎日かわいがられ…。とにかく結婚しろ、貯金しろと…。結婚できませんでしたけど…」と目を伏せた。

・浅田美代子
「師であり、母であり、姉であり、友達でもあるので、メソメソしていると怒られそう。携帯の留守電メッセージも取っておきます」と、1973年の自身のデビュー作以来の仲の浅田美代子。

・萬田久子
チュニックスタイルのワンピ、帽子にベールをつけ、フィッシュネットのストッキングをはき、クロコダイルのケリーバッグを持った萬田久子の弔問スタイルは、あくまでもファッショナブル。

・宮沢りえ
V6の森田剛(39)と再婚し、幸せな家庭生活を送っている宮沢りえ。ゆったりしたワンピにローヒールのアンクルブーツを合わせたユニークな喪服ファッションで…。

・安藤サクラ
映画『万引き家族』で共演し、「こういう役者がたくさん出てくるといい」と絶賛し、以来、娘のように接していた安藤サクラ。40年来の親交があり、2か月前にもNYで会ったジョン・レノン未亡人のオノ・ヨーコさん(85)からの手紙を代読した。

※女性セブン2018年10月18日号

関連記事

トピックス

結婚相手について語った大谷翔平
《大谷翔平が電撃婚》新妻を待ち受ける「奥様会」と「過激ファン」の洗礼 田口壮夫人は「生卵をぶつけられた人もいた」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平結婚》お相手“有力候補”のアスリート女性は「昨年引退済み」「インスタ全消し」渡米情報も
NEWSポストセブン
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
2010年、慶応義塾大学を卒業した水卜麻美
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2010~2016】水卜麻美の世代には「視聴者の関心がアナウンサーとしての実力や親しみやすさに向き始めた」
週刊ポスト
「チョメチョメ」や昭和のスターや歌謡曲のオマージュなど小ネタが
いっぱいのドラマ『不適切にもほどがある!』に大ハマり中です!(番組のインスタグラムより)
【『不適切にもほどがある!』の魅力】昭和スターや歌謡曲オマージュも満載!“脚本のすべてを聞き逃したくない”から何度も見てしまう
女性セブン
政倫審もあれる中、岸田首相は大谷頼みで…
「大谷翔平結婚」で政倫審ウヤムヤにできた岸田首相、次はドジャース開幕戦のサプライズ観戦計画 “大谷頼み”が酷すぎる
NEWSポストセブン
結婚について語った大谷翔平(時事通信フォト)
《「いたって普通の人」》大谷翔平、お相手のパーソナリティーを一切明かさない“完璧な結婚報告会見”で見せつけた「格の違い」
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平が明かした結婚相手「普通の日本人」は7月にお披露目か 大物同僚妻との奥様会への参加はどうなる
NEWSポストセブン
20年以上培った弁護士としての専門分野は離婚や親権問題
《不倫報道》エッフェル広瀬めぐみ議員が密会場所に選んだ「ご休憩8600円〜」歌舞伎町ホテルと「ジャンクなディナー」のこだわり
NEWSポストセブン
大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》「アナウンサーじゃなくて良かった」とファン安堵 大谷を守った“女性アナ隔離政策”
NEWSポストセブン
谷原章介(左)と、コンテストに挑戦する息子の七音さん(右)
《本人に直撃》谷原章介が語った20歳長男「ジュノンボーイ挑戦」へのエール 七音さんもインスタで決意投稿「僕は僕なので」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》徹底した秘密主義で「このタイミング」だった理由「左手薬指へのキス」にファン違和感
NEWSポストセブン
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
【実例「おじさん構文」「おばさん構文」】LINEで世代間ギャップを生む“書き言葉”と“打ち言葉”の違い
マネーポストWEB