芸能

安藤サクラ 『まんぷく』“美男美女縛り”の中で際立つ温かみ

長谷川博己との夫婦役にも注目が集まる(『まんぷく』完成試写会で)

 10月からスタートしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』。初回視聴率23.8%を記録し、その後も20%を超える視聴率をキープしている。好調の要因は、ヒロインの安藤サクラ(32)を中心としたドラマの世界観にある、とコラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんは指摘する。以下、木村さんが解説する。

 * * *
 急展開と修羅場の連続で視聴者を翻弄した『半分、青い。』から一転、『まんぷく』は初週から温かみのある人間模様を見せたことで評判は上々。視聴者をほっこりさせるような世界観は、ヒロインの今井福子を演じる安藤サクラさんそのものと言ってもいいでしょう。

 DREAMS COME TRUEの主題歌『あなたとトゥラッタッタ♪』に合わせてコミカルに歩くタイトルバックから物語のすべてに渡って、“安藤サクラワールド”全開。他の女優と比べると、美人ではないけど、愛らしい。華はないけれど、落ち着く。力みのない自然体の演技が、作品全体に安心感を醸し出しています。

 安藤さん自身、「福ちゃんはいい意味で楽天家。何があってもよりパワフルに、より楽しく、いい力に変えていくことができる」と話していましたが、まさにハマリ役です。

◆「女は愛きょう」を具現化した恵比須顔

 制作サイドは、そんな“安藤サクラワールド”を際立たせるべく助演俳優に、「これでもか」というほどの美男美女をそろえました。姉役に内田有紀さんと松下奈緒さん、同僚役に橋本マナミさん、親友役に松井玲奈さんと呉城久美さん。相手役に長谷川博己さん、義兄役に要潤さんと大谷亮平さん。さらに長谷川さんの役絡みで、片岡愛之助さんと桐谷健太さんも出演していますし、今後は菅田将暉さんや瀬戸康史さんの出演が予定されています。

 逆に、美男美女ではないキャスティングは、スポット出演する浜野謙太さんくらいで、まさに“美男美女縛り”状態。確かに高視聴率が定着した近年の朝ドラは、「男女それぞれの視聴者に癒しをもたらす美男美女のキャスティングが必要」と言われていますが、『まんぷく』の徹底ぶりは特筆すべきものがあります。

“美男美女縛り”にした理由は、前述した温かみのある“安藤サクラワールド”を序盤から視聴者に強く印象づけるためでしょう。朝ドラでは定番の子役時代がなく、初回から安藤さんが演じていることからも、そうした意図がうかがえます。

 美男美女がそろう中、安藤さんはど真ん中に入るわけですから、必然的に顔を比較されてしまいますが、それこそが狙い。常にやわらかな笑顔を絶やさない福子は、関西で言うところの「えべっさん」(七福神の恵比寿)。その恵比須顔は福の神のようであり、周囲の美男美女たちを幸せな気持ちにさせています。

一方、美男美女俳優たちが演じる役には、安藤さんのような笑顔のキャラクターはいません。「女は(美しさより)愛きょう」という言葉を具現化したようなヒロインであり、好感度が高いのは当然でしょう。

 安藤さんは、これまでの出演ドラマでも、“美男美女縛り”のような状態がありました。ヒロインを務めた『ゆとりですがなにか』(日本テレビ系)では、岡田将生さん、松坂桃李さん、柳楽優弥さん、吉岡里帆さん、島崎遥香さん。『ショムニ』(フジテレビ系)では、江角マキコさん、ベッキーさん、本田翼さん、森カンナさん、堀内敬子さん、片瀬那奈さん、三浦翔平さん、工藤阿須加さんなど、美男美女らの中で持ち味を発揮していたのです。

◆次々に訪れる試練が女優としての見せ場に

関連記事

トピックス

ゆったりな着こなしを見せる夏帆
夏帆「幼い顔で8頭身の美ボディ」気になる“ベタ惚れ俳優”との恋路
女性セブン
現在9勝と苦戦している巨人のエース・菅野智之
巨人OB・広岡達朗氏が苦言「10勝もできない菅野のどこがエースだ」
NEWSポストセブン
夫婦役で初共演の香取慎吾と岸井ゆきの。(c)2022“犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS
「香取慎吾さんは台本を覚えてこない」それが“いちばんいい役者”
NEWSポストセブン
ギャル曽根
ギャル曽根、“キレイな大食い”で好感度ぐんぐん上昇!バナナマン、有吉の冠番組でも“もう1人の顔”に 
NEWSポストセブン
引退会見を行った西武・内海哲也(9月19日。時事通信フォト)
引退の内海哲也、コーチ就任は西武か巨人か 去就を左右する恩師・堀内恒夫氏の言葉
NEWSポストセブン
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン