• TOP
  • 国内
  • 元組長が語る、暴力団と半グレ集団の違い

国内

2018.12.24 07:00  NEWSポストセブン

元組長が語る、暴力団と半グレ集団の違い

元組長が半グレ集団の勢力圏を解説

 警察の内部事情に詳しい人物、通称・ブラックテリア氏が、関係者の証言から得た警官の日常や刑事の捜査活動などにおける驚くべき真実を明かすシリーズ。今回は、暴力団の元組長が半グレ集団について語る。

 * * *
「ヤクザの世界は、パワハラで成り立ってますからねぇ。それを問題にするやつなんて、ここでは生きていけませんよ」

 そう言って元暴力団組長は、ハハハと上を向いて笑った。今年、スポーツ界で露見した数々のパワハラ問題について、一笑に付したのだ。

「あんなのを問題にするなんて俺たちからしたら、まるっきりお笑い草ですよ。

 おい、お前が行ってこい!と組長に言われて、いやぁ~おやじ、それはダメですよ、パワハラですって言うんですかね。世間が言うパワハラなんて、俺たちの世界じゃあ、バカかお前、何言ってんの? 頭、おかしくなったのか?と言われるのがオチですよ」

 だいたい、パワハラを受けましたって、どこに相談すればいいんですか? パワハラ相談窓口に電話したら、きっちり聞いてくれるんすかね」

 相談された方もさぞ困るだろう。

「ボクシングも相撲も興行があったから、何があったか見当はつくけど、まあどこも変わろうとしてるんでしょう。今は付き合いがありませんから」

 世間のパワハラ問題について、元組長はここで話を切った。おもむろにたばこに手を伸ばすと、口にくわえて火をつけた。それ以上、突っ込んで話を聞ける雰囲気ではない。

 かわりに話し出したのは、半グレについてだ。おりしも先日、大阪府警が、ミナミを拠点とする半グレ集団「アビスグループ」の男女49人を逮捕、起訴したと発表したばかり。

 半グレは暴走族あがりの者が多く、暴力団には属さない。そのため彼らには暴力団対策法も暴力団排除条例も適用されない。法的には逮捕、起訴するにも一般人と同じ扱いになる。代金請求で客とトラブルになり暴行したり、他の店の経営者を襲撃する準備をしていたのが実際の逮捕容疑だ。

 ぼったくりや暴行の理由は、リーダーへの上納金。目標額を納められないと、集団リンチに合うからだという。

「リンチとパワハラは違う話だ。パワハラっていうのは、絶対的上下関係や枠組みがあっての話だろう。やつらには規律もルールもない」

 ヤクザは権力やパワーマネジメントで成り立っている世界。だが、それを維持するために厳しいルールや規律が存在する世界でもある。半グレとはそこが違う。

「やつらには枠組みがない。縛りがない。縄張りがない。ヤクザにあるものが何もないから何でもやる。何でもアリだ。ヤクザはルールがすごく多くて、あれもやっちゃダメ、これもダメ。やったら破門になるわけで、破門になったら誰もそいつに見向きもしない。だから、なるべくそうならないようにするのがヤクザさ」

 近年、暴力団が衰退するとともに、半グレが勢力を拡大してきたと言われる。東京なら、中国人の半グレ集団「怒羅権」や「関東連合」の名前は、一度は聞いたことがあるだろう。

「やつらにも派閥やグループがある。それぞれがお互いに仲がいいかというと、それは違うね。やっていることが違うから。上野だと振り込め詐欺とか、ここはアダルト関係とか、やっていることが違うから仲がいいということはない」

関連記事

トピックス