• TOP
  • 国内
  • 平成の政治を幼稚にした10人発表、1位は鳩山由紀夫氏

国内

2018.12.28 07:00  週刊ポスト

平成の政治を幼稚にした10人発表、1位は鳩山由紀夫氏

1位は鳩山由紀夫氏(時事通信フォト)

 平成という時代を振り返ると、昭和に比べて「政治が幼稚になった」といわれる。それは、政治家の言動に起因する言であり、政党の離合集散の様であり、あるいは日本の民主政治のあり方そのものを指しての評であろう。

 平成30年間で、日本を「幼稚にした政治家」は誰か──元議員、ベテラン政治記者ほか政治のプロ54人が選出したワースト10を紹介しよう。

【1位】鳩山由紀夫(71)/首相

「理念先行の『最低でも県外』発言で沖縄米軍基地の整理縮小を後退させた」(政治ジャーナリスト・藤本順一氏)

【2位】安倍晋三(64)/首相

「基礎的な教養に欠け、ネトウヨ的風潮に乗せられて日本政治の基盤を次々に破壊した」(ジャーナリスト・青木理氏)

関連記事

トピックス